英語学習は同じ英文を何度も繰り返すことが大事

英語のトレーニングでは、同じ英文を何度も読んだり
音読したりするのが重要です。

これは「同時通訳の神様」として知られている
國弘正雄先生もおっしゃっていますし、

森沢洋介先生の「英語上達完全マップ」でもそう書かれています。

しかしこれを疑問に思っている人もいるみたいです。

「同じ英文を何十回も音読していると覚えてしまう。
覚えてしまったのに、さらに何十回も音読して効果があるのだろうか?」

と。

 

結論から言うと、ちゃんと効果があります。

例えば50回音読して覚えてしまったとしても、
そこからさらに100回、200回と繰り返すことで、
さらに効果が期待できるのです。

むしろ初心者のうちは50回程度で止めずに、
200回ぐらい繰り返した方がいいくらいです。

 

ではなぜ、覚えた英文を繰り返しても効果があるのでしょうか?

これは「英語学習はスポーツや音楽みたいなものだから」というのが理由です。

例えば野球では、1流の選手ほど
「素振り」などの基本トレーニングを欠かさないそうです。

バットで打つ時のフォームは、頭で理解するだけではダメで、
何度も繰り返して体で覚える必要があります。

そして覚えてしまった後でも、何度も繰り返すことが重要なのです。

「覚えたからといって基本トレーニングをしない選手」と
「基本トレーニングを何度も繰り返す選手」では、
必ず差が出てきます。

なので英語でも、覚えた後でも何度も繰り返すことが重要なのです。

 

ちなみに國弘正雄先生は、
中学校の教科書を500回音読したといわれています。

単元によっては1000回とも。

これだけ繰り返したからこそ英語の達人なのでしょうね。

というわけで、英語は何度も音読しましょう。

 

ただし注意点があります。

それは「発音」です。

がむしゃらに音読すると、間違った発音を覚えてしまうかもしれません。

なので自己流の発音ではなく、最初はCDと一緒に、
真似をしながらの音読がおすすめです。

 
【英語の発音DVD】独学で発音矯正できるおすすめ教材
英語の発音ならこの教材がおすすめです。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ