英語の勉強で日本語訳を読んでもいいのか?

英語は英語のまま、日本語に訳さずに理解するのが理想です。

実際に日本人でも、
英語が出来る人やTOEICで高得点を取っている人は、
そうやって英語を理解しています。

では英語を英語のまま理解できるようになるには、
どういうトレーニングをすればいいのかというと、

それはこのサイトにいろいろ書いているので
参考にして欲しいのですが、

英語を英語のまま理解する方法

簡単に言うと、私は
サイトトランスレーションのようなトレーニングを勧めています。

英文をセンスグループごとに切って、
グループごとの訳を読んで理解するという方法です。

でもこういうトレーニングに疑問を覚える人もいるようです。

それは、
「英語は英語のまま理解するのなら、
日本語訳は読まない方がいいのではないか?」
という疑問です。

そして、
「このまま日本語訳を使ったトレーニングを続けて大丈夫だろうか?」
と不安になってくるのです。

結論から言うと、大丈夫です。

 

日本語訳で意味を理解していても、
同じ英文を何度も読んだり聴いたりすれば、
日本語訳を介入させずに理解できるようになります。

そしてある程度の量の英文を、
そういうふうに理解できるようにすると、
初めて出会う英文でも英語のまま理解できるようになるのです。

 

本音を言うと、確かに日本語訳を使わない方が理想かもしれない、
とは思っています。

しかしその場合、英英辞書を使うことになるし、
英語に長時間接する必要があります。

これはちょっと、普通に生活している人にはキツイでしょう。

 

それにやはり、日本語訳を使った方が理解が濃ゆいです。

私たちは日本人としてそれなりの日本語力を持っているので、
この日本語力を有効に使った方がいいと思います。

ちなみに日本語力が低い人は、英語はなかなか身につきません。

そしてもちろん、英語力は日本語力を超えることはできません
(日本人の場合)。

そういう意味でも日本語力は大事なのです。

 
【英語の発音DVD】独学で発音矯正できるおすすめ教材
英語の発音ならこの教材がおすすめです。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ