英語が使える日本人TOEICテストスコア別英語学習法 千田 潤一(著)

千田潤一先生の「英語が使える日本人TOEICテストスコア別英語学習法」
をご紹介します。

この本は2004年に出版されていてちょっと古いんですが、
英語力を伸ばすにはとても有効な方法が書かれています。

ただし千田先生は、TOEIC対策とかテクニックとか、
そういうものを教える人ではないので、そういうことは書かれていません。

千田先生が言うには、

TOEICのスコア220が単語の壁
TOEICのスコア350が文法の壁
TOEICのスコア470が音法の壁
TOEICのスコア600がスピードの壁
TOEICのスコア730がスピーキングの壁
TOEICのスコア860がリーディングの壁
TOEICのスコア950がライティングの壁

なのだそうです。

これに関しては私もよくわかりませんので、参考までに…。

で、この本に書かれている勉強法の中で、
特に役に立ったのが「リーディングの壁」に書かれていた勉強法です。

そこにはリーディングの勉強なのに模写(書き写すこと)
という方法が紹介されていました。

どうやら理解した英文を書き写すと、その英文は日本語の介入なしで
スラスラ読めるようになるのだそうです。

そしてこれは本当でした。

こちらの記事で紹介しています。
音読筆写はリーディングにも効果があります!

私の体感では、1回書き写すと5~10回ぐらい黙読するのと同じくらいの
「すり込み度」になっているような気がします。

他にも有効な勉強法が書いてあるのでおすすめな本ですが、
TOEIC対策的なことは書かれてないので、人によってはダメかもしれません。

あ、でも、TOEICの生みの親である北岡靖男さんのことが書いてあるので、
そこはとても興味深いと思います。

北岡さんがどんな思いでTOEICを創ったのかがわかります。

なので今、TOEICの問題をどうやって解くか、とか、
テクニックにばかり目がいってしまっている人は、読んだ方がいいかもしれません。

>>英語が使える日本人TOEICテストスコア別英語学習法の在庫をamazonで見てみる<<
>>英語が使える日本人TOEICテストスコア別英語学習法の在庫を楽天で見てみる<<

 
ちなみにTOEIC対策には、こちらの教材もおすすめです。
>>スーパーエルマーはなぜTOEICに効果的なのか?

このサイトの管理人は購入済みです。
logo



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ