國弘流 英語の話しかた 國弘正雄(著)

國弘正雄先生はご存知のとおり、
「同時通訳の神様」として知られている方です。

國弘先生はこの「英語の話し方」の中で、
英語は練習することが大事だと書かれています。

つまり、英語を習得するには知識として理解するだけではなく、
スポーツのように練習することが大事だということです。

この「英語の話しかた」の中で特徴的なのが、
「只管朗読(しかんろうどく)」という言葉です。

「只管朗読」とは「ひたすら朗読(音読)する」という意味です。

國弘先生は中学生の時に、
中学校の英語の教科書を約500回音読したそうです。

さらにこの「英語の話しかた」では、
只管朗読にどのような効果があるのかということを
具体的に説明してくれます。

それと「活用自在」。

ひたすら音読を繰り返すということが、
どうやって活用自在、つまり言いたいことを英語で言う力、
につながっていくのかまでわかりやすく書かれています。

今、英語学習で迷っている方には、ぜひおすすめしたい本です。

國弘流英語の話しかたの目次

第1部 只管朗読編
・第1章 私の只管朗読
・第2章 繰り返すということ
・第3章 只管朗読にはどんな功徳があるか
・第4章 発音についての問題
・第5章 只管朗読の段階について
・第6章 只管朗読の教材について
・第7章 大学入試の長文読解と只管朗読

第2部 英文法編
・第1章 私と英文法
・第2章 文法を知っているということ
・第3章 文法をめぐるいろいろな主張
・第4章 シュリーマンの方法について
・第5章 文法は自分が必要と思うだけ勉強すればよい

第3部 活用自在編
・第1章 英会話と活用自在
・第2章 只管朗読と活用自在
・第3章 主題レベルの活用自在
・第4章 概念レベルの活用自在
・第5章 文法と活用自在・構文レベル
・第6章 文法と活用自在・発想レベル
・第7章 単語レベルの活用自在
・第8章 英語を使うことと活用自在
・第9章 英作文と英借文をめぐって
・第10章 ご自分の責任でおやりなさい。
・第11章 われも昔は山男

第4部 日本と世界と英語編

こうして目次だけを見ても、とても興味深いですね。

ちょっとだけ内容を説明しておくと、

 
「第1部第7章 大学入試の長文読解と只管朗読」で取り上げられている、
清水かつぞー先生の「君の英語号は空に舞い上がれるか?」は必読です。

高校生だけでなく、TOEICを受けなければならない社会人の方にも。

目からウロコが落ちます。

 
「第2部第4章 シュリーマンの方法について」に書かれている
「シュリーマン」という人はドイツ人の考古学者で、
この人は多くの言語を身につけたことで有名です。

そのシュリーマンの勉強方法というのが、
「小説などの対訳本を使ってひたすら音読する」という方法です。

國弘先生の只管朗読と似ていますが、
シュリーマンは文法というものを気にしません。

対訳本の意味だけで、
覚えるべき言語の小説を暗唱できるぐらいまで音読したのです。

このやり方に対して國弘先生がどんなコメントをしたのか、
とても気になりませんか?

 
それと「第3部第11章 われも昔は山男」の章で、
NHKの実践ビジネス英語の講師の杉田敏先生との対談があります。

まとめ

この國弘正雄先生の「英語の話し方」という本は、
今現在活躍している英語のプロの人達にものすごく影響を与えた本です。

もし英語のプロの中で知らない人がいたとしても、
その人の先生や読んだ本の著者は、ほとんどがこの本の影響を受けています。

そのくらい影響力のある本なので、初心者の方もぜひ読んで見て下さい。

>>【國弘流 英語の話しかた】のレビューをamazonで見てみる<<



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ