スピークナチュラルの口コミと秘密

スピークナチュラルのスロースピードに関して、
ご紹介しておきたいことがあります。

「超低速メソッド英語発音トレーニング」という本があるのですが、
この本の「はじめに」にこんなことが書かれています。

logoslow

そしてさらに、

logoslow2

とも。

スロースピードというのは初心者用に遅くしているわけですが、
どうやらそれ以上の効果がありそうです。

※2016年6月3日追記

色々な事情があり、スピークナチュラルは私が購入した時と内容が変わっているそうです。

池田和弘先生も関わっていないそうなので、現時点ではリッスントークをおすすめします。

英会話教材リッスントーク~スピークナチュラルとの違いとは?~

ここから下はスピークナチュラル購入前に書いた記事です。


この前、なんか怪しげな英語教材を見つけました。

その名も「スピークナチュラル」。

「また聞き流すだけでペラペラみたいな感じの教材か」と思っていたんですが、

教材開発者の方の名前を見て、びっくりしました。

まさかの池田和弘先生(;゚Д゚)!
池田和弘先生は、私が前に紹介した
「TOEIC最強の学習法」という本の著者です。

この記事で紹介しました。

なので変な教材は作らないだろうと思ったので、
このスピークナチュラルについていろいろ調べてみました。

思ったとおり、変な教材ではなかったです(*´∀`*)



まずこのスピークナチュラルの特徴ですが、音声が

日本語 → 英語

の順番で流れます。
内容は「スーパーエルマー」や「聞き流すだけで英語をマスター」のように、
センスグループに区切っているわけではありません。

でも英文が7語以内なので、特に問題はなさそうです。
どんな英文なのかというと、「会話表現」なのだそうです。

徹底した会話型学習

こちら↑のページに書いていますが、
【聞くだけでは、英語は話せない!】としっかり書いているのはさすがです。

その下に【「真似」して覚える。「日本語を活用」して覚える。】
とありますが、まあつまり、しっかり音読しろっていうことですよね。

ただし【文法なんていらない】とも書いていますが、
これはちょっと言いすぎです…(-_-;)

私としては【難しい文法知識はいらない】って書いて欲しかったです。
このスピークナチュラルがすごいのは、
日本語 → 英語 の音声が入っているだけではないのです。

詳しく説明すると、

①インプット練習

②瞬間通訳練習

③会話練習

④達成度確認テスト

が収録されていて、

①のインプット練習の部分が
日本語 → 英語 として収録されている部分です。

そして②の瞬間通訳練習では、
①でトレーニングした表現のパターン練習ができるみたいです。

その他にも発音トレーニングも収録されているそうです。
ちなみにこの、

選ばれる理由

「選ばれる理由」のページに、推薦者の声がありますが、
この中に林 剛司という方がいます。

この方は英語の多読に関する本を出版していて、
私も一冊持っていますが、かなり参考になりました。
それとちょっとQ&Aのページも見て頂きたいのですが、

Q&A

このページのQに、

『スピークナチュラル』で学ぶと、すぐにペラペラになれるのですか?

という質問がありますが、しっかりと答えてくれていますね。

「聞き流すだけである日突然英語が口から飛び出す」
っていうどこかの残念な教材とは大違いです。
このスピークナチュラルはこんな人に向いています。

・瞬間英作文が難しくてできないけど、どうしても会話の練習がしたい人

・英会話の苦手意識を直したい人

・将来海外旅行に行って、ある程度の会話をしてみたい人
ただし教材がかなり簡単なので、
私としてはTOEICでスコアが600ぐらい取れる人には必要無いと思います。
あと、この記事をここまで書いて気づいたんですが、

体験者の声

この↑「体験者の声」の上から3番目に谷中美奈子さんという方が、
スピードラーニングについて書いていますね(*´∀`*)

確かに私もスピークナチュラルの方がはるかに優れていると思います。

※2016年6月3日追記

色々な事情があり、スピークナチュラルは私が購入した時と内容が変わっているそうです。

池田和弘先生も関わっていないそうなので、現時点ではリッスントークをおすすめします。

英会話教材リッスントーク~スピークナチュラルとの違いとは?~



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ