TOEICテスト基本例文700選は初心者の方におすすめの教材です!

受験英語の教材に「基本英文700選」というベストセラーがあります。

この教材は英語を読んだり書いたりするために必要な構文・文法を、
700の英文に凝縮したものです。

私は実はこの教材を持っているわけではないのですが、
本屋で立ち読みしたことはあります。

なんか英文を書くっていうよりも、
英文を読むのに必要な英語の構造・形が詰め込まれている教材
だという印象を受けました。

この700の英文で「読む練習」をすれば、
英語を読むのが楽になるのは間違いないですし、

もし暗唱できるぐらいまで繰り返せば、
英文(主に長文)を読む時に「景色」が違って見えるはずです。

もちろん英作文も楽になるでしょう。

そんな「基本英文700選」ですが、
少し前に「TOEICテスト基本例文700選」という、
本家のTOEICバージョンみたいな教材が出版されました。

>>AmazonでTOEIC700選のレビューを見てみる
>>楽天でTOEIC700選のレビューを見てみる

TOEICテスト基本例文700選とは?

この「TOEICテスト基本例文700選」は、
TOEICの全てのパートによく出る文法・単語・表現・トピックなどを、
700の例文に凝縮したものです。

例文はパートごとに分かれていて、

part1:70文
part2:130文
part3:100文
part4:100文
part5:130文
part6:40文
part7:130文

というふうになっています。

 
私がこの教材を見ていて驚いたのはpart2です。

130の文にはそれぞれ選択肢が3つ付いているんですが、
なんとこの選択肢、3つとも正解になっています。

1文だけ抜粋させてもらうと、

Who’s going to be our new manager?

①Mr. Kato.
②John will be promoted.
③Nobody knows yet.

訳:
誰が私たちの新しいマネージャーになるんでしょうか?

①Katoさんです。
②Johnが昇進します。
③まだ誰もしりません。

のようになっています。

この①②③は3つとも正解ですよね?

なので1つの質問文に対して、
考えられる答えのパターンを3つずつ覚えることができるんです。

part2の英文は、こういうのが130文もあります。

 
ちなみにpart3,4,7の例文は1文1文が孤立したものではなく、
1連の流れになっています。

 
それぞれのpartの最後には「最重要語彙リスト」があります。

この語彙リストはどのくらいTOEIC的なのかを調べるために、

DUO3.0はどのくらいTOEIC頻出単語をカバーしているのか?

↑この記事でやったように「金のフレーズ」と比べてみようかと思ったんですが、
どうやら狙うスコアが違うみたいなのでやめました。

 
例えば700選のpart5の語彙リストには

although

がありますが、金のフレーズにはありません。

金のフレーズは600・730・860・990
というスコアを狙うための単語集なので、
600未満の単語は載っていないんだと思います。

つまり700選は本当に初心者用です。

始めてTOEICを受ける方とか、
英語が苦手な方にはにはピッタリの教材だと思います。

700選を何度もすり込むことで、
TOEICを受ける時に「景色」が違って見えるはずです。

TOEICテスト基本例文700選の勉強法

この700選は基本的に例文を何度も音読したりして、
すり込めば間違いありません。

ただし初心者の方は700の例文を一度にやろうとしないで、
partごとにやっていった方がいいと思います。

例えばpart3は100文あって、通し番号では201~300なんですが、
1文ずつ、

日本語訳を読む

英文を読んで理解する

英文を5回音読する

という感じでいいです。

 
それを例えば1日10文ずつ、とか決めておいて(ちょっと少ないですけど)、

1日目は201~210
2日目は211~220
3日目は221~230
4日目は231~240

というふうにやっていって、
10日目の291~300が終わったら、11日目は戻って201~210をやる、
というふうにするといいと思います。

そして何周もして、最終的に
日本語を読んだら何も見ずに英文を暗唱できるぐらいまでやるのが理想です。

10~20周ぐらいすると思いますので、
part3を完璧にするのに100~200日ぐらいですかね。

1つのpartでこれだけかかったら絶望的な気分になるかもしれませんが、
これは1日10文という超スローペースの場合なので。

これは700選を使う人が色々と工夫して見て下さい。

ちなみに英文をすり込む時は、
「音読」だけでなく「書き写す」ということもやると、
すり込みが早く濃くなります。

 
「TOEICテスト基本例文700選」はこういう感じの教材です。

英語が苦手な方はぜひ使ってみて下さい。

 
ちなみにTOEIC対策には、こちらの教材もおすすめです。
>>スーパーエルマーはなぜTOEICに効果的なのか?

このサイトの管理人は購入済みです。
logo

 

>>AmazonでTOEIC700選のレビューを見てみる
>>楽天でTOEIC700選のレビューを見てみる



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ