速読速聴・英単語~それぞれのレベルと使い方・勉強法~

速読速聴・英単語シリーズをご紹介します。

速読速聴・英単語はZ会から出版されていて、TOEIC対策にはかなりおすすめです。

単語は文脈で身につける、というコンセプトで、1冊に大量の英文が入っています(CD2~3枚分)。

今現在、出版されているのは、

Basic 2400
Core 1900
Advanced 1000
Daily 1500
Business 1200
Opinion 1400
TOEIC TEST STANDART 1800
TOEIC TEST GLOBAL 900

の8冊で、レベル別、用途別に分かれています。

もちろんすべてCD付きで、1冊でリーディング力、リスニング力、語彙力が強化できます。

私は数年前、このうちの一冊をメインに使ってTOEICのスコアを400から700まで上げました。

一応Business1200とTOEIC TEST GLOBAL 900以外は全部持っていて、

改訂前と後のバージョンも中にはあるので、けっこう詳しくご紹介できると思います。

速読速聴・英単語 Basic2400

Basic2400は中1~高1レベルの単語・熟語・表現をほぼすべて網羅しています。

英検で言うと、3級~準2級ぐらいです。

2級はちょっと無理です。
(語彙のレベルとしては)

 
それと生活基本語彙(野菜や果物の名前など)もかなり入っています。

まあ、生活基本語彙の方は文脈にすべて入ってるわけではないんですが・・・。

 
英文自体はアメリカ人がオリジナルの英文を書き下ろしたもので、いろいろなジャンルの英文が含まれています。

そういう意味では、間違いなく生の素材です。

すべての英文はCDに収録されていますが、アメリカとカナダの人の発音のみです。

 
レベルとしては、TOEIC500点以下の人、または英語をやり直したいけど中学レベルが不安な人が対象です。

TOEIC500~600点は狙えると思います。

 
あとCDのスピードですが、英文によってバラつきがあり、そこそこ速いものと遅いものがあります。

これはたぶんver.2に改訂する時に、新しく加えた英文を速めのスピードで録音したんじゃないかと思います。

 
英語が苦手な人は、この本の最初の「中学英語」のところを、CDと一緒にひたすら音読するといい感じです。

速読速聴・英単語 Core1900

Core1900は英字新聞や放送からの抜粋と、ネイティヴによるオリジナル英文で構成されています。

単語が約1400語 熟語が約500語です。

英字新聞と言っても、Advanced1000に比べると、かなり簡単です。

英検で言うと語彙のレベルは2級~準1級ぐらい、英文のレベルは準1級ぐらいです。

TOEIC400点ぐらいの人でも、日本語訳と照らしあわせて英文を読めば理解できるはずです。

Core1900を徹底的にやれば、TOEIC700点は確実、もしかすると800点まで届くかもしれません。

ちなみに、Core1900ではすべての英文にスラッシュが入っていて、普通の日本語訳とスラッシュ訳が付いています。

スラッシュが入っているのは、速読速聴・英単語シリーズの中でもCore1900だけです。

CDには slow と fast の2種類のスピードが入っているので、初心者の人でも使いやすいと思います。

私は昔、このCore(この頃は1900じゃなくて1800だった)をメイン使って、1年ぐらいでTOEICのスコアが約400から700になりました。

たしか、15本の記事をCDといっしょに200回ぐらい音読したような気がします。

TOEICの問題集などは、まったくしませんでした。

Core1900は速読速聴・英単語シリーズの中でも特におすすめです。

速読速聴・英単語 Advanced1000

9784862900081

Advanced1000の英文は、
アメリカやイギリスの新聞や雑誌で実際に使われた生の素材で、学習者用にアレンジされていない本物の英文です。

単語が訳900語、熟語が訳100語入っています。

TOEIC700点以上の人じゃないと、かなりきついと思います。

TOEIC900点以上を目指す人用です。

ちなみに、以前のver.2では英文にスラッシュが入っていたのですが、現在のver.3にはスラッシュは入っていません。

これは、どちらがいいのか意見が分かれるかもしれませんね。

CDはアメリカ人の発音のみで、実はスピードはあまり速くないです。

このスピードは、Advanced1000を使うレベルの人には少し遅く感じてしまうかもしれません。

速読速聴・英単語 Daily1500

9784862900548

速読速聴・英単語シリーズはレベル順に
Basic→Core→Advanced
となっているのですが、Coreは一応時事英語なので、英文がちょっと難しいのです。

このBasicとCoreの間を埋めるのがDailyです。
 

と言っても、単語のレベルが中間なのではなく、英文のレベルが中間ぐらいです。

Coreのレベルの単語を、わりと簡単な英文で覚えることができます。

単語はCoreの中でも簡単なものを入れてあるらしいのですが、全体的に英検2~準1レベルです。

単語が約1200語、熟語が約300語入っています。

以外と準1級レベルの単語が多いです。
 

英文は、日常生活でよく見かけるいろいろなスタイルの英文で、かなり実用的だと思います。

CDにはアメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアの人の発音が入っています。

ver.1ではCDのスピードがあまりに遅くてびっくりしましたが、改訂版のver.2ではそこそこ速くなっています。

対象はCoreが少し難しい人、英検2級を目指しつつ準1級も視野に入れたい人、TOEIC700点を目指す前に基礎を作りたい人です。

速読速聴・英単語 Opinion1400

9784862900463

私はOpinion1400を本屋で見た時、衝動買いしてしまいました。

速読速聴・英単語のシリーズから、このタイプの本が出るとは思ってなかったからです。

Opinion1400には現代社会で争点となっているトピックが17個入っています。

17個の英文記事があって、それぞれに肯定・否定の英文がついています。

この肯定・否定の英文は、インタビュー・ディベート・インターネットの掲示板・スピーチ・雑誌投書などです。

英文記事はAdvanced1000レベル、肯定・否定の英文はCore1900レベルだと思います。

単語は両方のレベルを含んでいますが、Core1900のレベルの方が多いです。

CDのスピードはあまり速くないです。

速読速聴英単語 TOEIC TEST STANDART 1800

9784862900876

このTOEIC TEST STANDART 1800はシリーズの中では新しい教材で、初版の発売日が2012年の3月です。

収録されている英文は本当にTOEIC的で、part3,4,7形式の英文には、1問ずつ問題も付いています。

CDのtrack番号で分けると、

CD1のtrack1~20がpart1(1つ1つが短い)

CD1のtrack21~55がpart3

CD1のtrack56~90がpart4

CD2のtrack1~50がpart7(1つ1つが長い)

です。

頻出単語だらけのpart7が音声付き問題付きっていうのは、けっこう貴重だと思います。
 

時間のない方は、この1冊でTOEIC対策はできてしまうかもしれません。

この1冊を軸として何度も何度も繰り返せば、スコア700とか800とかを狙えるレベルまでいけるはずです。

また問題集に手をつける前にも、何度も繰り返して欲しいと思います。

そうすることによって、リスニングやリーディングがかなり楽になるはずですので。

 

ちなみにTOEIC TEST GLOBAL 900の方は私は持ってないのですが、本屋で立ち読みしたところ、アレは900目指すぐらいのレベルなので、

どんなに低くても700ぐらいの英語力がないとキツイと思います。

大学受験で英語を本気で勉強してきた人は、STANDART 1800の単語は簡単に見えるかもしれませんが、

英語を英語のまま理解する「英語体質」ができてないことが多いので、

無理してGLOBAL 900を使わずにSTANDART 1800で基礎を叩き込むようにしましょう。

 
ちなみに使い方・勉強法ですが、基本的には音読パッケージのようなやり方がおすすめです。

音読パッケージのやり方と効果



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ