わざわざ文法的(?)に考えなくても、前から意味をとっていけば正しく読める

いきなりですけど、この英文の意味はわかりますか?

日本語に訳してもOKです。

 

Tom decided to buy that book.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、ちょっと説明します。

この英文は「不定詞の名詞的用法」というやつなんです。

動詞に名詞のような働きをさせています。

不定詞の名詞的用法では「to 動詞の原形」のところを
「すること」というふうに訳しますので、
「to buy」のところは「買うこと」という訳になります。

なので訳は「トムはあの本を買うことに決めた」となります。

 

・・・。

 

めんどくさいですね。

 

不定詞には他にも「形容詞的用法」や「副詞的用法」があって、
それぞれ役割や意味が違います。

形容詞的用法は「するための」で、
副詞的用法は「するために」だったような気がします。

他にもいろいろあったような気がしますが、実はよく覚えていません(*´Д`)=з

 

塾や進学校では中2ぐらいからこういうことを習います。

こういう理屈っほい部分で英語が嫌になる生徒がかなりいるのかもしれません。

 

でも、この不定詞の3用法は難しく考える必要はないです。

前から意味をとっていけば自然と正しい意味になります。

 

Tom decided to buy that book.

 

まず最初は

Tom decided → トムは決めた

です。

 

「トムは決めた」って部分から何を?っていう疑問が出てきます。

 

すると次に

to buy ってあるのでこれはもう自然に買うことをっていう意味になります。

 

 

ほかの英文でも、例えば、

I got up early to make breakfast.

だったら、

I got up early → 私は早起きした なんで?

to make breakfast. → 朝食を作るために

 

 

っていうふうにすると意味が自然と出てきます。

つまりわざわざ文法的に考えなくても、
前から意味をとっていけば正しく読めるわけです。

ちなみに私は理屈っぽい文法が超苦手です( °д°)

もちろん最終的には日本語に頼らずに、
英語を英語のまま理解するのがベストです。

 

 

 

ちょっと練習。

 

She tried to move the desk.

 

She tried →

to move →

the desk. →

 

 

I bought a book to read on the train.

 

I bought →

a book →

to read →

on the train. →

 

 

He is saving money to buy that house.

 

He is saving money →

to buy →

that house. →

 

 

 

ほんとはこんなにぶつ切りにする必要はないですけどね(;^_^A

 



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ