英語の5文型(SVOC)とか、その見分け方とか、必要なのか?

世の中には「5文型必要派」と「5文型いらない派」
の方がいると思いますが、5文型は本当に必要なのでしょうか?

あ、ちなみに5文型っていうのはSとかVとかOとかCとかいう、アレです。

 

私は5文型は必要無いと思っています。

なぜなら5文型を意識しなくても英文は読めるからです。

主語と動詞が分かっていれば大丈夫ですし、
普段はそれも意識しません。

こう言うと

「英語が読める人は無意識のうちに5文型を使って英文を読んでいる」

という反論をする人がいるんですが、違います。

私が5文型というものをまともに勉強するはめになった時は、
TOEICのスコアが800超えていました。

それまで5文型には触れたこともなかったのです。

ちなみに何で勉強するはめになったのかというと、
塾で生徒に英語を教えるためでした。

なので一応5文型は頭の中に入ってはいますが、
役に立ったことは一度もありません。

もちろん英文を文法学者のように
「解読」するのが好きな人には有意義だと思いますが・・・。

 

これに関して残念なのは、ごく一部の5文型必要派の人たちが、

「5文型がわからないと英語はわからない」
のような主張をしていることです。

もちろんごく一部の人です。

でも初心者の人がそれを信じてしまうと
英語が嫌になってしまいかねませんし、

実際高校の授業では
5文型で英語が苦手になった人がかなりいます。

 

もちろん5文型が好きな人はどんどん勉強していってもかまいませんが、
キライな人までする必要はないと思います。

 

しかし5文型も、唯一役に立つ場面があります。

それは、学校の英語のテストです。

確かに「これはOですか?Cですか?」
っていう問題が出たら、5文型は必要です。

 
こちらの方々の記事もぜひお読み下さい。
さよなら5文型 ――― 21世紀の英文法への招待
少なくとも5文型は要らない



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ