TOEICのpart7が最後まで終わらない場合の対策と勉強法

TOEICのpart7では、かなりの量の英文を読まされます。

ほとんどの受験者が、このpartを最後まで終えることができません。

私もスコアが400ぐらいだった時は、何度も絶望的な気分になりました。

こんなのどうやって勉強すれば読めるようになるんだろう(;´Д`)、って。

それで結局「速く読むしかない」っていう結論になるわけです。

なのでTOEICのpart7の勉強をする時、
「とにかく速く読む」ということに焦点を当てている方も多いと思います。

今回は、このpart7の速読について考えてみます。

 
まず英文を速読する前に、ちょっと確認してみて欲しいことがあります。

それは、その英文をゆっくり読んでも理解できるかどうかです。

もちろん「ゆっくり読む」というのは
「後ろから前に訳しながら読む」というわけではありませんよ(*´∀`*)

そうじゃなくて、ちゃんと英文を頭の中で音読しながら
前から理解していく、っていうことです。

つまり英文を頭の中で音読したら理解できる、
っていう状態になっているかどうかを確認してみて欲しいのです。

 
で、この「ゆっくり読んだら理解出来るかどうか」を確認するためには、
part7の問題をゆっくり解いてみることをおすすめします。

もしpart7の問題で満点を取ることができるのであれば、
「ゆっくり読めば理解できる」という状態のはずなので、
この場合はスピードを意識してトレーニングしてもいいと思います。

もちろん時間無制限で解いてもいいと思います。
とにかく現状の英語力で、どれだけ理解できるのかが大事なので。

問題なのはゆっくり読んでもあまり正解できない場合です。

この場合、速く読むトレーニングをするのはまだ早いです。

なぜなら、ゆっくり読んでもわからないものが、
速く読んでわかるようになるわけがない
からです。

 
TOEICは問題数が多いので、どうしても
速読的なトレーニング法を強調してしまいがちです。

でも実際は、しっかりと内容が理解出来ているか、
という部分の方が大事なんです。

 
ちなみにTOEICに必要な速読力ですが、
実はそれほど速読が必要なわけではありません。

例えば、200語(words)の英文が2つある
ダブルパッセージの問題があるとします。

つまり計400語です。

この2つの英文は、実際にはすごく長いように見えますが、
実は130wpmぐらいのスピードで読めば3分ぐらいで終わります。

 
あ、wpmっていうのは、words per minute の略です。

1分間に何ワード読めているかっていう意味で、
例えば130wpm だと1分で130word 読んでいることになります。

計算式は

英文の語数 ÷ かかった時間(秒) × 60

です。

つまり400語の英文を3分で読めば、

400語 ÷180秒 × 60 = 133wpm

ぐらいになります。

 
で、400語の英文は130wpmのスピードで読めば3分で終わるわけです。

ダブルパッセージは設問が5問あって、5分で解くのが理想といわれていますので、
130wpmで読めば2分の余裕があります。

まあ実際には、設問と問題文を行ったり来たりすると思うので、
そういう部分も考えると、平均的に150wpmぐらい読む必要があると思います。

150wpmっていうのは、速読というようなスピードではありません。

速読速聴英単語Core1900のナチュラルスピードが150~160wpmなので、
わりと普通のスピードです。

なのでTOEICで求められているスピードっていうのは、普通のスピードなんです。

150wpmっていうのは、初心者の方から見れば
とんでもないスピードに見えるかもしれませんが、
普通にトレーニングをすれば自然とできるようになるはずです。

なのでTOEICの問題量に惑わされずに、
まずはしっかりと英文を理解することから始めましょう。

 
英文をしっかり理解するにはどのようなトレーニングをすればいいのかというと、
それは5文型を使わない精読のやり方という記事で書いたので参考にして下さい。

5文型を使わない精読のやり方

こういうふうにして理解できる英文を増やしつつ、
1度理解した英文を何度も何度も読んで下さい。

そうすれば初めて読む英文でも、読むスピードがどんどん速くなっていきます。

 
それと、
ゆっくり読んだり時間無制限だとpart7で満点は取れる。
でも本番では最後まで終わらない。

という方。

この場合はスピードを意識してトレーニングをしてもいいと上の方に書きましたが、
実際にはそんなに意識しなくても良かったりします。

「5文型を使わない精読のやり方」で紹介したようなやり方で、
スピードもどんどん速くなっていきます。

まあ模試とかを解く時に、多少はスピードを意識した方がいいとは思いますが。

それでもTOEICに必要なスピードなら
理解できる英文を増やしつつ、理解した英文を何度も読む
っていう勉強法がメインでも大丈夫なはずです。

 
ちなみにTOEIC対策には、こちらの教材もおすすめです。
>>スーパーエルマーはなぜTOEICに効果的なのか?

このサイトの管理人は購入済みです。
logo



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ