TOEIC初心者の人のリーディングの勉強でとても大事なこと

TOEIC初心者の人で英語が苦手な人は、
いわゆる「長文」というのが苦手だと思います。

大学受験で苦しめられてきた人もいますし、
長文を見た瞬間、拒絶反応を示す人もいますし。

でもTOEICを受けるからには、
ある程度克服しなければいけませんよね?

そんな人の場合、どういう勉強が有効なのでしょうか?

 

ほとんどの人はTOEICのリーディング問題集を買ってきて、
一生懸命問題を解こうとしてしまいますが、

そのやり方だと失敗する確率の方が高いので、
あまりおすすめしません。

なぜなら「読む」ということは
「文字」を「音」に変換して理解することだからです。

言い換えると頭の中でその言語を「音声化」、
つまり「音読」します。

 

まあ私達は日本語なら「文字」を「音」に
変換せずにある程度理解できますが、

これは日本語の言語能力が高いから出来ることなので、
英語でいきなり出来るわけではないのです。

 

それで英語を読む場合ですが、TOEICのレベルだと
初心者の方は単語の発音がわからない場合が多いです。

そしてリズミカルに文章を「音」にできません。

つまり「読む」という行為自体が成立していないのです。

なので後から前に訳し上げたり、
暗号文を解くように「解読」してしまいます。

こんなことをしていては、
いつまでたっても英語が読めるようにはなりません。

 

まあ「後から前に訳し上げる」とか
「暗号文を解くように解読」することを

「読むことだ」と勘違いしている人が
学校や塾の先生にもいらっしゃるみたいなので、

本当に残念なのですが・・・。

 

さて、それでは初心者の人の勉強は
どうすればいいのでしょうか?

まず教材に音声が必須です。

なのでCD付きのものだったり
音声をダウンロードできるものを選んで下さい。

そして日本語訳と英文を両方読んで
内容をしっかり理解します。

その後、音声を流して英文を目で追ったり、
音声といっしょに英文を音読して下さい。

どちらかというと音読の方がおすすめです。

これで「文字」と「音」が一致するようになるので
「文字の音声化」がしやすくなりますし、

当たり前ですけどリスニングにも効果があります。

 

そして最初の頃は、少ない量を何度も繰り返して下さい。

例えば1分ぐらいの音声を50回音読する、とか。
1分の音声5つを10回音読 × 5日 とか。

やり方はいろいろありますけど、
そういうトレーニングをしていると、

「長文」を見ても拒絶反応は出なくなりますし、
英文を見たとたん頭に「音声」が流れてきて、

瞬時に意味が取れるようになってきます。

 

ここまでできるようになるには
楽な事じゃないんですが、

初心者の方は短い時間のトレーニングでも
「変化」を感じることがあるので、

ぜひ真剣にトレーニングしてみて下さい。

 
ちなみにTOEIC対策には、こちらの教材もおすすめです。
>>スーパーエルマーはなぜTOEICに効果的なのか?

このサイトの管理人は購入済みです。
logo



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ