音読パッケージが難しい、特にリピーティングができない場合は?

音読パッケージが難しくてなかなかできない、
という方がけっこういらっしゃいます。

音読パッケージで難しいと感じるのは
「リピーティング」と「シャドーイング」だと思いますので、
ここではそれぞれの対処法をご紹介します。

ますリピーティングです。

リピーティングは「テキストを見ながら」と「テキストを見ない」の2種類あって、
「見ないでリピーティング」が難しければ
「見ながらリピーティング」で代用するのですが、
それでも難しい場合がもしかしたらあるかもしれません。

もしそれが難しいと感じた場合、実は私は、
リピーティングは最初は無理にする必要は無いと思っています。

オーバーラッピングなどをして、
その英文に十分に慣れてからリピーティングをして下さい。

シャドーイングが難しい場合も、
テキストを見ながらのシャドーイング(つまりオーバーラッピング)
で代用するようにと、英語上達完全マップに書かれています。

そしてもしオーバーラッピングは難しい場合。

この場合は音読とオーバーラッピングを交互にやりつつ、
オーバーの時はできるだけ音声に食らいついていくようにして下さい。

そうすると必ずできるようになります。

オーバーラッピングがある程度スムーズにできるようになったら、
あらためてリピーティングやシャドーイングをしてみて下さい。

かなり楽にできるようになっているはずです。

もちろんオーバーラッピングを音読パッケージのメインにして、
何度も何度もやっても大丈夫です。

ちなみにリピーティングをまったくやらなくても、英語力は十分に伸びていきます。

というかリピーティングができるのは、ポーズがある教材のみに限られるので
そういう教材を探したりとか、自分で編集したりとかで苦労することもあるかもしれません。

私はそういう場合や、気に入った教材にポーズが付いていない場合、
無理してリピーティングをする必要は無いと思っています。

オーバーラッピングやシャドーイングなど、音声を使ったトレーニングを繰り返すことで、
十分に効果が出ます。

リピーティングや「やった人」と「やらなかった人」で、
英語力に差が出るということもありません。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ