音読パッケージは会話や短文の教材でやってもいい?TOEIC対策はできる?

音読パッケージをやる時、
どうしても手元に「長文系」の英語教材が無く、
英会話教材や単語集しかない場合もあるかもしれません。

この場合、
「会話文の教材や短文の教材で、音読パッケージをやってもいいのか?」
と不安になる人もいると思います。

結論から言うと、会話文や短文で音読パッケージをしても大丈夫です。

 
音読パッケージは元々、
音読やシャドーイングを繰り返して英文を体の中に落とし込むというか、
「血肉化」するのが目的なので、

それが会話文だろうが短文だろうが関係ありません。

そんなことよりもやっぱり、
「その教材を気に入っているか?」ということの方が重要です。

 
ちなみにおすすめ教材ですが、会話文だとやはり
最高峰といわれる「NHKラジオ 実践ビジネス英語」がおすすめなんですが、

これ以外にもNHKラジオの基礎英語がとか、そういうのでもいいです。

しかも両方とも1冊の本として出版されていたりするので、
そういうのを探してみるのもいいかもしれません。

 
単語集のような短文教材だと、やっぱりDUOが効率がいいでしょうか。

それか新・基本英文700選なども、
英文のテンプレート的な構造をガッチリと固めたいならおすすめです。

次に音読パッケージだけでTOEIC対策はできるか?
ということですが、これは余裕でできます。

もしかしたら、スコア900以上を狙うのであれば
「多読的」なトレーニングを加えた方がいいのかもしれませんが、
700~800ぐらいなら割と簡単に取れるはずです。

もちろん初心者の方にはそれほど楽な道ではないですが。

 
使う教材はやっぱりTOEICの専用教材がいいと思いますが、
「模試系」だとリスニング音声に空白があったり、設問を読んだ音声もあったりと、
あまり効率的ではないかもしれません。

しかもリーディングの部分にも音声があるものは、なかなか無いですからね。

でもおすすめな教材のシリーズはあります。

それが「特急シリーズ」です。

特急シリーズは音声をダウンロードできるんですが、
本当に「トレーニング用」に録音されているので使いやすいです。

もちろんリーディングパートの音声も用意されています。

なのでご自分の苦手なパートのものを1冊買って、
音読パッケージのやり方でトレーニングしてみて下さい。

どのパートでも、スコアを底上げすることができると思います。

 
ちなみに、例えばパート5をやったからパート5だけの正答率が上がる、
というわけではなく、スコアは全パートに影響が出るはずです。

なので1冊決めたら徹底的にやって見て下さい。

(※注 でもパート1・2だけだと、リーディングパートに影響は出にくいです)

もちろん特急シリーズなら、「模試系」でもいいと思います。

 
【英語の発音DVD】独学で発音矯正できる教材
英語の発音ならこの教材がおすすめです。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ