初心者でもTOEIC600点を超える効率的な勉強法

TOEIC600点を目指すと言っても、色々な英語力の方がいると思います。

その中でも学生時代に英語が苦手だった方や、中学レベルの文法が曖昧な方は、まずは文法を復習して下さい。

ただし、いわゆる「文法書」というのを最初から最後まで読む必要はありません。

ほとんどの方は英文法が嫌いだと思うので、文法書を読むのが苦痛なはずです。たぶん。

なので文法書を使う代わりに、簡単なTOEICの文法問題集などを使って下さい。

例えば、

新TOEICテスト中学英文法で600点!

などがおすすめです。

新TOEICテスト中学英文法で600点!

使い方としては、普通に読み進めて問題を解けばいいのですが、1つだけ注意点があります。

例えばこの本では問題文を全文読まないように指導していると思いますが、これはやめた方がいいです。

もちろんTOEIC本番では、読まずに解ける問題は読まずに解く方が現実的ですし、その方が時間もかからないので他の問題を解く余裕ができます。

でも「英語力を伸ばす」ということが目的なのであれば、TOEIC本番以外では英文は全部読んで下さい。

もちろん「新TOEICテスト中学英文法で600点!」以外でも、気に入っているものがあればそれでも大丈夫です。

できるだけ簡単な問題集を1冊仕上げて下さい。

 
次にいよいよ本格的なTOEIC対策に入るのですが、まずTOEIC600点を目指すための教材を用意します。

Amazonで

TOEIC 600

で検索してみると、色々な教材が出てきます。

そこから教材を探して見て下さい。

AmazonのTOEIC 600 の検索結果

TEX加藤先生、濱崎 潤之輔先生の本がわかりやすいと思います。

公式問題集でもいいのですが、やっぱり最初は解説が充実している方がいいかもしれません。

 
1冊の教材を選んだら、一通り問題を解いた後、その教材を何度も何度も繰り返して下さい。

「何度も解く」というだけでなく、英文を何度も音読したり、オーバーラッピングをしたり、シャドーイングしたり、書き写したりして、英文そのものを「刷り込む」ということを意識して繰り返して下さい。

TOEIC対策の勉強法としてシャドーイングは有効か?

オーバーラッピングの効果的なやり方

各PARTごとのやり方を簡単にご紹介します。
 

PART1&2

 
このPARTは短文なので、取り組みやすいと思います。

PART1&2は基本的に「音読」「オーバーラッピング」「シャドーイング」「筆写」などで繰り返して下さい。

このPARTには間違いの選択肢もありますが、この部分も同じように繰り返して下さい。

 
音声を1文ずつ止めるのが苦にならないのであれば、リピーティングでもいいと思います。

最初は英文を見ながらでOKです。

英文を1回音読して、顔を上げて何も見ずに言ってみる(暗唱)、というふうにトレーニングするのもいいです。

同じ1つのトレーニングをずっとやらないければいけないわけでは無いので、周回を重ねるごとに変化して色々なやり方でやってみて下さい。

何度も何度も繰り返して、最終的には「日本語訳を見たら英文を言える」くらいになるのがベストです。

 
もしかしたら「リスニングのテストなのに、なんで自分で発音する必要があるんだ?」と思ってしまう方もいるかもしれません。

なぜ自分で発音するのかというと、「自分で発音できる音は聴ける」からです。

なので「聴くだけ」のトレーニングよりも、効率良くリスニング力を鍛えることができます。
 

PART3&4

 
このPARTは長い英文を聴くことになるので、初心者の方は相当な抵抗があると思います。

まず大事なのは「英文を理解すること」です。

「英文を理解する」というと、わからない単語を辞書で調べたり、日本語訳を書いたり、というふうな勉強を思い出す方もいるかもしれませんが、そういうやり方は基本的にしなくていいです。

まあ「わからない単語を辞書で調べる」のはやる必要があるかもしれませんが、日本語訳を自分で考える必要はありません。

 
PART3&4の英文を理解するには、「1文ずつ日本語→英語」の順で読んでいきます。

例えばPART3だったら、

「最新の調査では、何か新しいことが明らかになったのかな?」

という日本語を読んで、

Did the latest investigation reveal anything new ?

という英文を読みます。

(英文は「速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」から抜粋しています)

この時に単語も確認しておきます(語注で。語注が無ければ辞書で調べて下さい)。

latest:最新の
investigation:調査
reveal:~を明らかにする

この状態で英文が理解できればOKです。

こんな感じで読み進めていってリスニングで流れる英文をしっかりと理解して下さい。

それと、

What is the main topic of the conversation ?

のような設問文と、

(C)The results of a qustionnaire.

のような答えの選択肢の英文も理解しておいて下さい。

 
英文を理解したら、これもPART1&2と同じなんですが、「リピーティング」「音読」「オーバーラッピング」「シャドーイング」「筆写」などでトレーニングをします。

ただし英文が長くて難しいので、「オーバーラッピング」「シャドーイング」は難しいかもしれません。

そんな時は「リピーティング」をやってみて下さい(音声を止めるのが面倒ですけど頑張って下さい)。

ひたすら音読するのもアリなんですが、リスニングの音声をしっかり聴かないと、自己流の発音になってしまいますので。

 
PART3&4は何度もトレーニングを繰り返して、最終的に覚えてしまうのが理想です。

つまりリスニングで読まれる英文を「暗唱」できるようにするのが、最も効果的な対策となります。

もちろん音読などのトレーニングを繰り返せば、暗唱までやらなくてもTOEICのスコアは上がります。
 

PART5&6

 
このパートは、まず普通に問題を解いて答え合わせをした後、なぜその選択肢が正解になるのか、なぜ他の選択肢が間違いなのかを解説を読んで理解します。

600点を目指すレベルの教材だと、解説もかなり詳しいはずですので、わからないことは無いと思います。

ただし公式問題集などを使っている場合、解説を読んでもわからないことがあるかもしれません。

その時はあまり気にせずに、次の問題に進んで下さい。

それと解説を読んで理解すると同時に、その英文を「日本語→英語」の順で読んで英文の意味も理解しておいて下さい。

 
一通り終わったら、英文を何度も音読したり黙読したりして、何度も何度も繰り返します。

もし音声があれば、リスニングパートと同じようにトレーニングするのがいいと思います。

「一度解いた問題を何度も繰り返す」ということは、もしかしたら意味の無いことのように思えるかもしれません。

昔「これと全く同じ問題が出ないのであれば、繰り返しても意味が無いのではないですか?」って聞かれたことがあります。

でも実際には効果があります。

PART5の短文をスラスラ読むトレーニングをすれば、同じPART5の問題は初めて見る問題でもかなり読みやすくなりますし、もちろん問題も解けるようになります。

またPART5の英文は構造を難しいものが多いので、PART7などの英文も読みやすくなります。

 
PART5を繰り返す回数ですが、本当に理想を言えば50回くらい繰り返すのが目安です。

でもこれはなかなか達成できない場合が多いので、そんな場合はせめて10回は繰り返して下さい。

PART6も同じような感じです。
 

PART7

 
このPARTもPART3や4などと同じで、まずは英文を1文ずつ「日本語→英語」の順番で読んで理解しておきます。

それからこのPARTも、何度も黙読したり音読したりしてトレーニングして下さい。

もちろん設問文とその答えも。

このPARTは大量の英文を読む必要がありますが、初心者の方は大量の英文を読み慣れていない場合がほとんどなので、ここでしっかりとトレーニングする必要があります。

用意した教材にどのくらいの量のPART7の問題があるのかわからないのですが、例えば1回分の模試の量だと、2~3日で1周するくらいのペースでいいので、最低10周はして下さい。

もちろん余裕があればそれ以上繰り返してもいいです。

あと、PART7にも音声があればそれも聴いて見て下さい。

音声を聴きながら英文を目で追えば、そこそこのスピードで英文を読んでいることになります。

このスピードを体感しておけば、音声無しで読むときでもスピードを意識できるはずです。

 
それとリーティングパート全般で言えることですが、リスニングよりも文の構造が難しいので、「日本語→英語」の順で読んでも構造がなかなか理解できない場合があります。

そんな時におすすめの教材は

新TOEIC TEST正攻法で攻めるパート7読解問題 音読と文法の復習で実力アップ

です。

新TOEIC TEST正攻法で攻めるパート7読解問題 音読と文法の復習で実力アップ

Amazonの「なか見検索!」でも内容は多少見れるんですが、「語研からのお知らせ」というサイトではそれ以上見れます。

語研からのお知らせ

いわゆるスラッシュリーディングで英文を前から理解する練習ができるので、なかなか画期的だと思います。

 
ただし「英文を頭から理解する」ということにおいては、スーパーエルマーという教材以上のものはありません。

TOEIC対策専用の教材では無いのですが、将来は英語のニュースを聞けるようになりたい方にはぜひ使って欲しい教材です。

スーパーエルマーはなぜTOEICに効果的なのか?
 

ディクテーションと発音に関して

 
リスニングのトレーニングとして「ディクテーション」というものがあります。

これは英語の音声を聴きつつ、聴いた英文を書くというトレーニングです。

もちろん音声を止めながら、です。

このトレーニングは自分の聞き取れない箇所をあぶり出してくれるので、リスニング力アップにはかなり効果的です。

ただし絶対にやる必要があるわけではありません。

ディクテーションというトレーニングが好きでなければ、やらなくてもいいです。

人にはどうしても合う合わないがあるので。

なので私が紹介したトレーニング法でも、例えば「リピーティングは好きだけどシャドーイングは嫌い」なのであれば、リピーティングを軸にしたトレーニングでも大丈夫です。

そういうふうにご自分でアレンジして下さい。

 
あと発音に関してですが、「自分で発音できる音は聴ける」ので音読などのトレーニングは絶対にした方がいいですが、問題なのは

hat hut hot

のような単語単位の細かい発音です。

これに関してはやった方が理想的なのですが、TOEIC対策の場合は優先順位は低いです。

もちろん大事なことではあるのですが、やはり英文単位で聴き取れるようにするためには英文単位でのトレーニングをおすすめします。
 

まとめと本番直前など

 
なんか長々と書いてしまいましたが、要するにTOEIC対策は、同じ教材・同じ模試を何度も何度も何度も繰り返すことが重要です。

最悪なのは、初心者の方が「問題を解いて、解説を読んで、理解したら次の教材へ」というふうに、多くの教材を1回だけやって別の教材に移ってしまうことです。

これだけはおすすめできません。

 
それと試験直前には模試を解きたくなる人もいるかもしれません。

もちろん解いた方がいいのですが、解くのは自分がトレーニングした教材にして下さい。

つまり直前は、楽に満点を取ってもいいです。

絶対に、なんか「直前に解けば100点アップする」みたいなノリの模試を買って解かないで下さい。

 
以上です。

しっかりとトレーニングすれば、TOEIC600点なんか楽勝です。

頑張って下さい。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ