文脈型単語集でこんな勘違いをしていませんか?

速読速聴英単語などの、いわゆる「文脈型単語集」というものがあります。

これはとても便利ですよね。

英文を読む練習もできますし、適切な単語を覚えることもできます。

文脈型単語集を使う時は「しっかりと英文を読んで、
その結果単語を覚えてしまう」というのがベストだと思います。

しかし残念なことに、
この文脈型単語集をあまりうまく使えない人もいるみたいです。
文脈型単語集というのは、

 

↑こんなふうに見開きが長文と日本語訳になっていて、
(速読速聴英単語core1900です)

 

↑次のページの見開きが覚えるべき英単語になっています。

で、この文脈型単語集をうまく使えない人というのは、
こんな勘違いをしています。

 
それは、

↑この単語を全て覚えてしまえば、

 

↑このページの長文は読めるようになるはず、という勘違いです。

 
特に高校生とか、TOEICであまり高いスコアが取れない人は、
単語のページを一生懸命覚えていることが多いです。

でもこれだけはわかっていて下さい。

そのページの単語を全部覚えても、
前のページの長文が読めるようにはなりません。

長文が読めるようになるには、基本的に読む練習をするしかないんです。

 
それにしても、なぜそんなに単語ばかり覚えようとしてしまうのでしょうか?

私は「高校の単語テスト」と
「単語を覚えれば英語が読めるようになるはずという思い込み」が
原因の一部のような気がしています。

高校生とか、よく速読英単語の「単語ページだけを使って」
単語を一生懸命覚えていますからね。

無駄とはいいませんが、本当に本当に効率が悪いです。

英語が苦手な人には特に。

もちろん文法や読解がある程度できる生徒なら、多少は有益なんですけどね。

 
TOEIC初心者の方がこれをやっていたらダメですし、
「これだけ」やっていたら最悪です。

本人は「模擬テストは単語が難しいからまずは単語を覚えてから」
と考えているかもしれません。

そして文脈型単語集を買ってきて
「前のページの長文は難しいからまずは単語を覚えてから」
と考えるのかもしれません。

でもこれだけは覚えていて下さい。

英語を文章単位で読んだり聞いたりしないと、
英語力はいつまでたっても伸びません。

本当です。

なので文脈型単語集を使うときは、しっかりと長文を読むようにして下さい。

そしてこのサイトでも何度か書きましたが、
初心者の方はまず日本語訳から読んで下さい。

1文ずつ、です。

これでその長文が理解できれば、きちんとした実力につながっていきます。

そして理解できた英文を何度も読んで下さい。

 
あ、それと英語を読む時は頭の中で音読して下さい。

なのでCDは必須です。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ