初心者のうちは単語を覚えることを英語学習のメインにしないほうがいい

英語が苦手な人がTOEICを受けなければならなくなったとします。

たぶんその人は本屋に行って、
公式問題集やら予想問題集などを買うでしょう。

そして、問題を解いて愕然とします。

ぜんぜんわからん! と。

こういう人は大学入試でも多いのですが、決まって言うことは

「単語を覚えてないから長文が読めない」とか
「単語さえ覚えれば長文は読めるようになるはず」とかです。

たしかに「単語を覚えてないから長文が読めない」というのは、
ある意味正しいです。

でも、「単語さえ覚えれば長文は読めるようになるはず」
っていうのは間違いです。

その人が文法力や読解力をしっかりと身につけているなら話は別ですが、
たいていの場合、
英語が苦手な人は文法力や読解力が身についていないことが多いです。

中には中学レベルの文法がよくわかってない人もいるでしょう。

こういう人がTOEICの単語集などを買ってきて覚えようとしても、
なかなか覚えられず、すぐに忘れます。

まずは簡単な文法書やリーディングの教材を使って、
文法&読解を鍛えた方がいいです。

その中で出てきた単語を全部覚えるようにしましょう。

「単語集で単語を覚えることは悪い!」 と言うつもりはありません。

ただ、特に初心者のうちは、
単語を覚えるということを英語学習のメインにしない方がいいです。

それが好きならいいのですが、
たいていの場合は英語学習が苦痛になってしまいます。

辞書を使っても英文を読めない人が単語を覚えても、英文を読めるようにはならない

最初は長文が読めなかったけど、ひたすら単語を覚えまくったら長文がすらすら読めるようになった!

という経験をした人は、けっこういると思います。

前にも言ったように、
こういう人は文法力や読解力がある程度身についていた人です。

この人は、自分が単語を覚えたら長文が読めるようになった、
っていう経験があるので、

英語が苦手は人にアドバイスする時は、
「とりあえず単語を覚えろ、そしたら長文が読めるようになるから」
といってしまいがちです。

もちろん、そうじゃない人もいますけども。

で、その英語が苦手な人が、一生懸命単語を覚えたとして、
文法やその他のことをすべて無視して単語を覚えたとして、
その人が長文を読めるようになるかというと、もちろんなりません。

そして、英語はやっぱり難しい、とか言って、あきらめてしまうのです。

この単語を覚えて長文すらすらっていう経験の持ち主は、
高校や塾の先生にも多いと思います。

たぶん、高校生の頃は、英語が得意だったはずです。

文法の授業も余裕でついていけたし、
リーディングの授業も辞書があればけっこう楽についていけたはずです。

まあ、私の推測ですけど。

で、大学入試の頃に、単語を覚えれば長文が(辞書なしで)
すらすら読めるっていう経験をしたはずです。

そしてその時の経験を生かして(?)、
文法とかがよくわかってない生徒に単語集を買わせて、
覚えるように指示してしまうのです。

宿題とかにして。

そして生徒は単語を覚えれば長文が読めると信じているので、
単語を覚えるっていうことを英語学習のメインにしてしまいます。

文法や読解をないがしろにしてまで。

辞書を使っても長文を読めない生徒が、です。

英文を辞書を使っても読めない人は、単語を覚えても
英文が読めるようにはなりません。

だからまず文法のなどの復習をするようにして下さい。

そしてその中で出てきた単語を覚えるようにした方がいいです。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ