オーバーラッピングの効果的なやり方

効果的なオーバーラッピングのやり方について説明します。

その前にオーバーラッピングについて説明しますね。

オーバーラッピングというのは、英文を見ながらCDといっしょに音読することです。

英文を見ながらなので、シャドーイングよりも負荷が少なくてやりやすいです。

なのでシャドーイングをする前の段階で、シャドーイングが難しい場合とかにやると、
シャドーイングがやりやすくなっていきます。

 
でもこのオーバーラッピング、弱点が無いというわけではありません。

オーバーラッピングではCDといっしょに英文を目で見ながら音読するので、
文字と音が一致し、音が聴こえやすくなります。

でも「英語の音が聞き取れる」のと「英語の意味がわかる」のは別問題です。

 
例えばCDなどの音声を全く使わずに、
英語をひたすら読むというトレーニングを続けた人がいるとします。

この人は大抵の英文なら「意味がわかる」という状態になっているかもしれませんが、
同じレベルの英文を音声として聴いた場合、意味がわかるとは限りません。

いやたぶん、正確には聞き取れないはずです。

 
これの逆で、音声を聞き取るトレーニングをしっかりしたとしても、
その英文の意味がわかっていなければ、
音は鮮明に聞き取れても意味がわからないということになってしまいます。

 
そうならないための対処法としては、オーバーラッピングをする前に、
その英文の意味をしっかりと理解しておく必要があります。

英文の意味をしっかりと理解するためのトレーニング法

では英文の意味をしっかりと理解するためのトレーニング法をご紹介します。

やり方は簡単で、日本語訳をしっかりと読みながら、

日本語 → 英語

の順で1文ずつ読んでいけばいいです。

そうすれば英文の意味は、しっかりと理解できますので。

ちなみに日本語訳を読んでもその対応する英文の意味がわからない場合、
その英文でトレーニングをするにはまだ早いです。

 
さて、それでしっかりと意味が理解できた英文で
オーバーラッピングをすればいいのですが、それでもまだ問題があります。

それは、最も効果的にオーバーラッピングをするには、
声を出すと同時に意味をしっかりと意識する必要があるということです。

意味を意識せずに「音だけ」のトレーニングを何十回も繰り返すと、
やっぱり「音は鮮明に聞き取れても意味がわからない」
ということになりかねませんから。

 
では「オーバーラッピングをしながら意味をしっかりと意識する」
ということができるのかというと、初心者の方にはかなり難しいと思います。

英語がかなりできる人でも、
ほんのわずかに意識がそれてしまったりとかしますので。

なのでオーバーラッピングをする時は、それとは別に
意味をしっかり意識するトレーニングをした方がいい、ということです。

 
意味をしっかり意識するトレーニングというのは、具体的にどうすればいいのかというと、
私のおすすめはやっぱり 

日本語 → 英語 

の順で1文ずつ読んでいくというやり方です。

これを最初に1回やるだけではなく、
オーバーラッピングをしながら間に挟んでいくのです。

 
例えば、

日本語 → 英語 の順で1文ずつ読んで → その後にオーバーラッピングを5回 
とか。

それを1セットとすれば、1セットで 
日本語を1回、音読を1回、オーバーラッピングを5回したことになるので、

10セットやれば
日本語を10回、音読を10回、オーバーラッピングを50回
したことになります。

日本語を10回も読めば、嫌でも意味は刷り込まれてしまうはずです。

日本語なら「音はわかるけど意味はわからない」
っていうことにはならないはずですから。

そのうちにオーバーラッピングをしながらでも、
しっかりと意味を意識できるようになりますよ(`・ω・´)

もちろん1セットの中のオーバーラッピングの回数は、
ご自分で調節してもOKです。

まったく意味を意識せずにオーバーラッピングをした場合、英語力は伸びるのか?

さて、それでは
「まったく意味を意識せずにオーバーラッピングをした場合、英語力は伸びるのか?」
という問題について考えてみたいと思います。

結論から言うと、ちゃんと伸びます。

伸びますけど、ある程度のレベルで止まります。

私がそうでしたから(*´∀`*)

 
私はなぜか最初は、「とりあえず回数をこなせばいい」
というふうに考えてしまっていたので、
意味を意識せずにオーバーラッピングをしていました。

150回以上も。

もちろん、オーバーラッピングの前には日本語と英語を交互に読んで、
意味は理解していたんですが。

で、それでもやはり音は聞き取りやすくなりますし、
TOEICのスコアも 465 → 700 のように上がりました。

その他にも文法書の例文を音読したり暗唱したりはしていましたが、
TOEICの専用教材は使っていません。

でもそれ以上になかなか伸びなかったです。

初見の英文でも
わりときれいな発音で音読できるけど意味がわからないことがある
という状態が続きました。

その頃は「とりあえず回数をこなせば意味は自然に理解できるようになるはず」
と思い込んでいたので、特に気にしていませんでした。

もしその時に、意味をしっかり意識することに気づいていれば、
TOEICのスコアも800ぐらいは楽に取れたのかもしれません(´;ω;`)

というわけで「意味を意識する」ということを、しっかりとやるようにしましょう。

 
ちなみにこの、

日本語 → 英語 の順で1文ずつ読んで → その後にオーバーラッピングを5回

というやり方を繰り返していくと、
日本語を読んだ直後に英語を何も見ずに言えるようになります。

この状態が、オーバーラッピングの効果を
最も効果的に引き出している状態と言ってもいいかもしれません。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ