効果的なディクテーションのやり方

今日は効果的なディクテーションの
やり方をご紹介します。

その前に、ディクテーションについて
ちょっと説明しますね。

 

ディクテーションっていうのは、
音声で流れてきた英語を文字にしていくという

ちょっと過酷なトレーニングです。

そのためCDを何度も聞いたり、止めたり、巻戻したり、
ということをする場合もあります。

音声だけを頼りに文字化するので、
リスニングにはかなりの効果があります。

 

ただし賛否両論です。

英語は単語単位での細かい部分を聴くよりも
文章全体としての意味の方が大事なので。

例えば、前置詞とか、ちょっと間違っても
文章の意味は変わりませんしね。

なのでディクテーションは効率が悪いという
意見もよく聞きます。

 

さて、では効果的なディクテーションの
やり方をご紹介します。

①音声を聴く
②ちょうどいい長さで止める
頭の中で音声を再生する
④書く

という順番でやって下さい。

普通のディクテーションよりも
やや簡単な教材を使った方がいいと思います。

そしてスラッシュごとにポーズが入ってると
かなりやりやすいと思います。

 

この方法では③が大事です。

この記事で書きましたが、③→④が
ライティングのプロセスになります。

なのでリスニングと同時に
ライティング鍛えることができるのです。

③の時は、頭の中に英文を
思い浮かべないで下さい。

 

使う教材ですが、スラッシュごとに
ポーズが入っているCDがおすすめですが、

簡単なCD付きの文法書でやるのもおすすめです。

重要な英文を脳内にすり込むことができますので。

TOEICだとPART2の問題文がやりやすいと思います。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ