ジュミック今井先生の「フォニックスできれいな英語の発音が~」はここがすごい!

↑本のタイトルが長いので省略しています。
 
英語の発音教材は、大きく分けて2種類あります。

hot や hut などの単語単位の発音の練習をする教材と、

リエゾンのように単語の音がくっついた発音を練習する教材です。

リエゾンっていうのは例えば、

Did you を「ディドゥ ユー」じゃなくて
「ディジュー」のように発音するとか、そういうのです。

 
単語単位の教材だと「英語耳」などが有名で、
音の連結などは「ハイディの法則」などがあります。

 
初心者の方は発音教材を買うとき、
どっちを先にするべきか悩むかもしれません。

 
今回はその両方を練習できる教材をご紹介します。

ジュミック今井先生の
「<フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本」
です。

9784756915634

Amazon でこの教材のレビューを見てみる
楽天 でこの教材のレビューを見てみる

フォニックスというのは「スペルと発音のルール」のことです。
詳しくはこちらを参考にして下さい。

 
ジュミック今井先生のこの教材は
フォニックスのルールと単語の発音だけでなく、
リエゾンのような音の連結も練習することができます。

というかページのほとんどは音の連結についてですけどね。

ジュミック今井先生はフォニックスの教材を何冊か出版されていますが、
音の連結について徹底的に練習できる教材は無かったと思います。

 
音の連結は例文を使って練習するのですが、
まず最初に連結部分だけの練習をします。

例えば、

about to (アバウトゥ)だったら、CDの音声が
about to about to about to 
と何度も発音した後に例文の練習に入ります。

例文は初級・中級・上級の3つに分かれていて、
それぞれに4つずつ例文があります。

 
例えば初級は、

I’m about to go.

くらいのレベルの例文が4つ。

 
中級は、

I was about to say so.

くらいのレベルの例文が4つ。

 
上級は、

I was just about to spill the beans.

くらいのレベルの例文が4つです。

 
実はCDの1つのトラックの中に、

about to about to … っていう発音と、
初級から上級までの例文が入っているので、

もしかしたら使いにくいという人もいるかもしれません。

それと一応初心者用の教材ですが、
上級はけっこう難しいかもしれません。

Amazonでもそんなレビューをしている方がいますね。

ただし音読やシャドーイングなどのトレーニングを
そこそこやっている人ならば、上級でもくらいついていけるはずです。

そうなってくると、最初の about to about to …
が煩わしくなってくるかもしれません。

 
ちなみに初心者の方が
「単語単位」のトレーニングと「音の連結」などのトレーニングを、
どちらを先にやるべきなのか、ですが、

私としては音の連結の方をおすすめします。

もちろん単語単位の発音が大事なのはわかっています。

でも、単語単位の発音練習って、
あまりにも単調で苦痛に感じる可能性が高いのです。

私は「英語耳」という教材でトレーニングしたんですが、
「ただ単語を読み上げていくだけ」なのでものすごく苦痛でした。

でもこれはやらないといけないと思ったので、
少林寺の修行僧にでもなったつもりで、覚悟を決めてやりました。

そして途中でやめました(*´∀`*)。

それから「やり始めたり」「やめたり」を繰り返していたら、
そこそこできるようになったのです(`・ω・´)。

その後数年してから「超低速メソッド英語発音トレーニング」のことを知って、
こっちの方が良かったかなと思いました。

超低速メソッド英語発音トレーニングに関してはこちらに詳しく書いています

 
それに音の連結は、できるようになると発音がかっこよくなるので、
モチベーションが上がる人も多いと思います。

そういうのも英語学習には大事です。

 
今回ご紹介したジュミック今井先生の教材は、単語単位の発音練習でも
メトロノームに合わせてリズミカルにやるので、飽きにくいと思います。

初心者の方で余裕のある方は、
音の連結と単語単位の発音練習を、両方同時に進めて下さい。

 
ちなみに発音には、こういう教材もあります。
【英語の発音DVD】口の中の動きをCG映像化したDVD教材
実はこの教材も「単語単位」と「音の連結」の両方を練習できます。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ