英作文のコツは例文暗記。そして英文を作ろうとしないこと。

実は、英作文はしてはいけません。

正確に言うと、「英作文」ではなく
「英借文」(えいしゃくぶん)をするべきです。

英借文とは英文を借りるという意味です。

よく考えてみると、
私達は日本語を自分で作っているわけではありません。

パクっています。

赤ちゃんの時から、周りで聴こえている日本語を
大量に聞いているうちに、いつのまにかしゃべれるようになっています。

日本語の方言とかも同じで、
例えば大坂の人は大坂弁を周りの人からパクっています。

けっして自分で作ったわけではないです。

なので英文を書いたり言ったりする時も、パクることが重要です。

新たな単語や文法や表現を自分で生み出すことはできません。

日本語でも、新たな方言を生み出すことはできませんよね?

つまり英借文とは、
インプットしなければアウトプットできない
という意味です。

最初のうちは文法書の英文を音読したり、
音読筆写したりするのがおすすめです。

そして「日本語を見たら英語を言える」ようにしておき、
そういう英文をどんどん増やしていきましょう。

音読するとライティング力も伸びる

音読でライティング力も伸びるの?
って思ってしまうかもしれせんが、

音読するとライティング能力も伸びます。

ちょっと考えてみましょう。

私たちは日本語で文章を書く時、
文字にする前にその文章を頭の中で音読(音声化)しています。

書きたいこと

それを音読(音声化)する

それを文字化する

 

というプロセスになっています。

必ず。

メールをする時も同じですね。

例えば、
「ごめん、ちょっと遅れる」
ってメールする時

「ごめん、ちょっと遅れる」
って音読(音声化)した後に文字化しています。

これがネイティヴさんのライティングですが、
これを英語でやるのは難しいですよね。

日本人だから最初は日本語で考えてしまうかもしれませんし、
難しい英文だと文法とか考えてしまいます。

少しでも文法を考えなくてもいいように、
英語はしっかりと音読しましょう。

もちろん、頭の中で音声化するだけでも効果はあります。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ