「中学英語で英会話はかなりできるようになる」の本当の意味

よく「中学英語で英会話はかなりできるようになる」って言いますけど、あれは本当です。

でもこのことを人に言っても、なかなか信じてもらえません。

反論する人は、

「自分は中学英語はマスターしたのに、英会話は全然できない」

と言うことが多いです。

 

それとか、勘違いする人もいます。

「英語の成績がいい中学生は、英会話がかなりできるんだ~」

って。

まあ、確かにかなりできる人もいるでしょうけど・・・。

残念ながら英語が得意な中学生が、英会話ができるわけではないです。

 

では
「中学英語で英会話はかなりできるようになる」の本当の意味は何なのでしょうか?

それは「中学英語を本当にマスターすれば英会話はかなりできるようになる」っていう意味です。

本当にマスターするとは、「穴埋め問題が解ける」とか「並び替え問題が解ける」とか「教科書レベルの英文を訳せる」とか、そんなレベルではありません。

本当に中学英語を「体得している」という意味です。

 

例えば教科書レベルの英文(長文)を「初見で」日→英が楽々できるとか。

理想的には高校入試の長文を「初見で」日→英が楽々できるとか。

そういうレベルです。

 

まあ別の言葉を使うと、「わかる」と「できる」は違うともいいます。

 
なので大学受験を経験した社会人でも、中学英語から学ぶことは多いんです。

 
ちなみに市販の教材で長続きしそうにない方は、こういう教材↓もあります。

ネイティブイングリッシュ ←クリックかタップをすると公式サイトに移動します。

元NHKラジオの「基礎英語3」の講師の方が監修しているので、とてもおすすめの教材です。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。

「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ