英語のリスニング音声を聞き流して日常会話ができるようになるか?ということについてお話しします。

その前に、まず「日常会話とは何か?」について考えてみたいと思います。

 
日常会話っていうのは、朝起きてから夜寝るまでの間の日常的な会話の全てです。

そこには政治や経済の話なども含まれるはずです。

こういう会話を日常会話だと定義した場合、リスニング音声の聞き流しだけで「できるようになる」のは無理です。

なのでこの記事での「日常会話ができるようになる」というのは

簡単なフレーズやネイティブが良く使うフレーズなどを覚えて、それを実際に使えるようになる

ということにします。

これだったら「リスニング音声の聞き流し」でもできるようになるはずです。

ただしその「リスニング音声」は、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

 
まず、聞き流しで英会話のフレーズを覚えて実際に使えるようにするには、リスニングする英語を「理解している」必要があります。

意味がわからない英語は何度聞いてもわかるようになりませんし、当然使えるようにはなりません。

いわゆる会話形式になっている音声でもダメですし、英語のニュースなどはもっとダメです。

会話形式の教材で日本語訳をしっかり読んでいれば大丈夫かもしれませんが。

ちなみに聞き流し系のトレーニングで初心者の方に一番おすすめなのは、

日本語→英語

の順で収録されている音声です。

例えば今一番売れているこの↓英語教材も、日本語→英語の順で収録されています。

この英会話表現が覚えやすいように工夫された教材をご存知ですか?

 
また、聞き流す時にはぼ~っとするんじゃなくて、ちょっとでもいいから意識を向けるということも重要です。

音楽を聞いている時は、そんなに意識を向けなくてもメロディーや歌詞を覚えてしまうと思います。

なので英語でも、何度も何度も聞くのであれば、ぼ~っとしてても大丈夫かもしれません。

でもやっぱり意識を向ければ向けるほど、集中すれば集中するほど、覚えるのは早くなるはずです。

ただ上の方でも紹介した「日本語→英語」の順で音声が収録された教材なら、日本語が流れてきた時に意識を向けてしまうこともあるので、使いやすいと思います。

 
あと注意するべきなのは「発音」ですね。

聞くだけのトレーニングでフレーズを全部覚えたとしても、自分で発音するとなると、なかなかうまくいかないはずです。

口が英語を話すことに慣れていないんですよね。

なのでフレーズをある程度覚えてからでいいので、「日本語→英語」の音声の「英語」の部分で、同時に言ってみるようにしましょう。

もちろん、実際に使う時にちょっと変な発音になっても良ければ、発音の練習は必要ないかもしれませんが。

 
興味がありましたらこちら↓の記事もぜひご覧下さい。

この英会話表現が覚えやすいように工夫された教材をご存知ですか?