シャドーイングというのは通訳のトレーニングの1つで、英語の音声を聴きながら少し遅れて真似をするというトレーニング法です。

影のようについていくので、シャドーイングと呼ばれています。


少し遅れて真似をするということは、当然その音声にものすごく集中する必要があります。

なのでシャドーイングをすると、リスニング力がものすごく伸びるのです。

でも、スピーキング力はどのくらい伸びるのか、気になりませんか?

口から英語を出しているので、スピーキング力も伸びるような気がしますが、どうなのでしょうか?

それをちょっと考えてみたいと思います。

ちなみに一般的には意見が分かれているようです。

シャドーイングでスピーキング力が伸びた、という人もいますし、伸びなかったという人もいます。

まず言葉を喋るとき、文章を組み立てて、組み立てた文章を口から音声として出しています。

この「文章を組み立てる」というのは、もちろん脳内で文字化しているわけではありません。

そして母国語なら、これを無意識にやっているはずです。

そして組み立てた文章を口から出すわけです。

分かりやすくまとめると、

①文章を組み立てる

というプロセスと、

②口から出す

というプロセスを順番どおりにやっているわけです。

シャドーイングは誰かが口から出した音声を、影のように真似しながらついていくので、②を主に強化します。

しかし、①は基本的に強化できません。

元々作られている音声を口から出すだけなので。

なのでシャドーイング以外で①のプロセスを鍛えるトレーニングをしている人は、シャドーイングでスピーキング力が伸びたと実感できるでしょうし、

①を鍛えるプロセスが無く、シャドーイングだけの人は、スピーキング力の伸びはあまり実感できないと思います。

もちろん英語の発音は良くなるし、「運動」の部分を鍛えるので、口から出すのは楽になるはずですが・・・。

でももしかしたらシャドーイングする時に、その人物になりきったり、意味を強く意識することで、①を鍛えられるかもしれません。

 
興味がありましたらこちら↓の記事もぜひご覧下さい。

この英会話表現が覚えやすいように工夫された教材をご存知ですか?