英語と日本語の語順の違いとトレーニング法

日本語の「おととい」は「昨日の前の日」という意味ですが、
これを英語で言うと何と言うかわかりますか?

まあ別にクイズのつもりは無いので、いきなり正解をいいます。

正解は、
the day before yesterday
です。

この日本語の「昨日の前の日」と、
英語の「the day before yesterday」をよく比べてみると、
面白いことがわかります。

日本語では
昨日の前の / 日
という語順なんですが、

英語だと
the day / before yesterday
その日 / 昨日の前の
というふうに、日本語と逆になっています。

もちろんすべての語順が逆になるわけではありませんが、
こういう細かいフレーズの中でも、
日本語と英語は語順が違うことがあるのです。

これが長い英文になると大変なことになります。

なので英語はキレイに日本語に訳さずに、
英語の語順のまま頭から理解していく必要があるわけです。

後から前に意味を取らないと理解できない言語は無いはずなので。

ちなみにこの時、日本語訳が頭の中に出てこなければベストです。

ではどうやって勉強すれば前から理解できるようになるのかというと、
これはもう、サイト・トランスレーションだったり、
何度も音読することだったり、色々な方法があります。

なのでご自分で教材を選び、計画を立てて勉強していけば、
いつか語順の問題は克服できると思います。

しかし仕事で忙しい社会人の方や、
別の科目の勉強もある学生の方には、
英語だけにそこまで力を注ぐのは難しいと思います。

なのでそういう場合、
語順の問題を克服するために作られた教材を使うのが
最も効率がいいのです。

私がおすすめするのはスーパーエルマーと
聞き流すだけで英語をマスターです。

2つともセンスグループごとに
英語を前から理解できるように工夫されていて、
ある程度集中して聴けば英語の語順で理解できるようになるでしょう。

そして語順の問題を克服してしまえば、
英語学習の最も重要な部分は終わりです。

もちろん他にも重要なことはありますが、
語順を克服することで、
その後の英語力にかなりの差が出てしまうでしょう。

>>聞き流すだけで英語をマスターの公式サイトはこちら<<
>>商品一覧をこちらにまとめました<<

>>スーパーエルマーの公式サイトはこちら<<



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ