普通のリスニングとレーニングといえば、

スクリプトを見ずに何度も聞いて、その後スクリプトを見てわからなかったところを確認して、

それからスクリプトを見ながらリスニングして、みたいな感じかもしれません。

でも精神的に疲れることもありますよね?

そこでここでは、最初からスクリプトを見ながらリスニングをしても効果があるのか?を考えてみたいと思います。

 
結論から言うと、ちゃんと効果はあります。

 
初心者の方は、英語を理解する時に日本語に訳してしまうことが多いと思います。

または「後から前に訳して理解する」ということをやってしまっているかもしれません。

スクリプトを見ながらリスニングをすると、これを矯正することができます。

つまり音声がどんどん流れるので、強制的に前から読まされるんですね。

日本語に訳す余裕もあまりないので、英語を英語のまま理解することが求められます。

なので英語を理解するには理想的な状態になるということです。

 
ちなみに「読む」というのは頭の中で音読することです。

速読したり、記事から情報収集したりしない限り、私たちが日本語を読む時はその日本語を頭の中で音読しているはずです。

でも英語となると、これがなかなかできないことが多いんですよね。

その言語の「音」を鳴らせばその意味がわかる、という状態でしょうか。

言葉というのは音なので、

そして文字というのは言葉ではなく、音を目で見えるようにしたものなので、

そういう意味でもスクリプトを見ながらのリスニングは効果的ということがわかるでしょう。

それと音声化しない速読や情報収集のような読み方ですが、これは「その言語を音声化すれば意味が分かる」という能力が前提です。

 
ここまでの説明だと、このトレーニング法はリーディング力が主に伸びそうな感じですが、

スクリプトを見ながらのリスニングをすると、もちろんリーディング力だけでなくリスニング力も伸びます。

ネイティブさんはリスニングをする時、

音 → 理解

というふうに音を理解しています。

私たちが日本語を理解する時もそうですよね?

でも英語が苦手な日本人が英語をリスニングする時、

音 → 日本語訳? → 理解

または

音 → 文字(英語の) → 理解

のようになっています。

わざわざ音を脳内で文字に直していることもあるんですよね。

でもスクリプトを見ながらのリスニングだと、

文字 → 音 → 理解

なので、ネイティブさんのリスニングにかなり近づけることができます。

さらに文字を音を照らし合わせることにより、音と音のつながりなどもわかるようになってきます。

このことから、スクリプトを見ながらのリスニングはリスニング力を伸ばすのにも有効なのです。

 
最後にどんな教材を使うか?ですが、ご自分のレベルよりちょっと難しめの英文を何度も繰り返してもいいですし、

ちょっと簡単な教材を多読的にこなしてもいいでしょう。

とにかく、前から理解することを意識しながら進めてみて下さい。

それと、同じ英文を繰り返すなら、慣れてきたら声を出すことをおすすめします。

オーバーラッピングですね。

そっくりそのまま言えるようになれば、そしてそんな英文を増やせば、いつの間にか英語が得意になっているでしょう。