英会話教材スピークナチュラルの秘密

英会話っていうのは、適切なトレーニングをすれば
初心者でも最低限はできるようになります。

「最低限」と言っているのは、やっぱりさすがに
「日常の全てを英語で言えるようにする」っていうのは大変だからです。

※2016年6月3日追記

色々な事情があり、スピークナチュラルは私が購入した時と内容が変わっているそうです。

池田和弘先生も関わっていないそうなので、現時点ではリッスントークをおすすめします。

英会話教材リッスントーク~スピークナチュラルとの違いとは?~

でも最低限の、例えば
「海外旅行に一人で行ける」とか
「海外でお店やレストランに入っても困らない」とか、

そのくらいのレベルで良ければ、
「適切なトレーニング」でかなりできるようになります。

しかも集中してトレーニングをすれば、
わりと短期間でも上達させることができます。

その「適切なトレーニング」ができる英会話教材がこのスピークナチュラルです。

ただしスピークナチュラルのことを詳しく説明する前に、まずは
日本で発売されている英会話教材の問題点を指摘しておきます。

日本で発売されている英会話教材には、
いろいろな問題点があるのです。

日本の英会話教材の問題点

そもそも英会話教材って、多すぎるんですよね。

ほとんど全ての教材が「英語がしゃべれるようになる」と主張しているので、
初心者の方はどれが本物が迷ってしまうと思います。

そしてさらに、ネットでは色々な口コミ情報がたくさんあって、
どれが本当に信頼できる情報なのかがわかりません。

ちなみにAmazonのレビューなんかでは、
その英会話教材の関係者が☆5つをつけたレビューをたくさんする
ということがあります。

このような宣伝方法をステルスマーケティングといいます。

そして逆に競合の評判を落とすために、
競合の英会話教材に☆1つのレビューをする、
とかそんなこともしています。

これがもちろんAmazonだけでなく、ネット上でも起こっているわけです。

なので他の色々な英会話教材に関しては、
初心者の方に正しい情報が伝わりにくい、というのが現状なんです。

ネットの英会話教材をちょっとだけ批判しておきます

それとネットで売られている英会話教材も、
ちょっとだけ批判しておきます。

まず「聞き流すだけで英語がしゃべれる」という教材がありますが、
聞き流すだけでは英語は絶対にしゃべれるようになりません。

なぜかというと、「英語をしゃべる」というのは
「実際に声に出す」ということと、
「自分で文章を組み立てる」ということが必要だからです。

なので聞き流すだけだと、
いつかそのCDの英語を暗記できるかもしれませんが、
声に出していないので発音しにくい、ということになります。

そしてさらに「自分で文章を組み立てる」ことができないので、
その教材を聞き流してもあまりにもしゃべれるようにならなくて
びっくりするはずです。

じゃあその「聞き流すだけの教材」を聞きながら、
英語の部分を声に出して読めばいいのでは?

と思ってしまうかもしれません。

その「聞き流すだけの教材」っていうのは、
英語 → 日本語 の順で音声が収録されてますから。

でもそれだったら市販の教材でもいいはずです。

市販にも
英語 → 日本語 や 日本語 → 英語 で収録されている教材があるので、
お好きなものを探して聞き流しつつ、

英語の部分を声に出す、というトレーニングをすれば、
そのネットで売られている「聞き流すだけの教材」と何も変わらないはずです。

それと「ネイティブがよく使うフレーズだけを覚える」という教材もあります。

「ネイティブがよく使うフレーズを覚えれば、日常英会話は話せるようになる」
とか主張していますが、そんなことはありえません。

そもそも「日常会話」って何でしょう?

日常会話っていうのは「起きてから寝るまで、
日常で起こる全ての会話」のことですよね。

例えば「オリンピックのこと」とか
「消費税のこと」とか「最近買った化粧水のこと」とか、
ありとあらゆる「日常」で起こる会話です。

それを「ネイティブがよく使うフレーズだけ」で、
しゃべれるようになるわけがないのです。

「ネイティブがよく使うフレーズを覚えれば、
日常英会話は話せるようになる」というのは正確に言うと、

「ネイティブがよく使うフレーズを覚えれば、そのフレーズを使う場面でだけ、
とりあえず覚えたフレーズだけは言えるようになる」っていうことなんです。

それなら市販の教材でもいいですよね?

ネイティブがよく使うフレーズは、本屋さんでいっぱい売っています。

でもネットの教材でも市販の教材でも、
覚えるには相当苦労するはずです。

覚えるためのシステムがありませんので。

ひたすら聞いたり音読したりする必要がありますが、
それは初心者の方には結構厳しいはずです。

英会話学校やオンライン英会話について

そして英会話学校やオンライン英会話にも問題があります。

そもそも英会話学校っていうのは「英語を使う練習をする場所」です。

つまり適切な英語が頭の中に「使える形」で入っていないと、
いくら「出そう」としても出るわけがないのです。

いくら陽気なネイティブさんが
「さあ!恥ずかしがらずにしゃべりましょう!」って言っても、
出ないものは出ませんからね。

人間は言語を自分で創造しているわけではありませんから。

というわけで、英会話学校やオンライン英会話の前に
「適切なインプットトレーニング」をする必要があるのです。

まとめると、

「しっかりと英文をインプットできるシステム」がある教材が、
初心者の方には最適なのです。

でもやはりそんな教材はなかなか無いし、そしてさらに先ほども言いましたが、
初心者の方に正しい情報が伝わりにくいため、
初心者の方は「ずっと英会話ができないまま」でいることが多いのです。

じゃあ初心者向けの英会話教材って無いの?

では初心者向けの英会話教材は無いのでしょうか?

いや実は、ちゃんとあります。

それがスピークナチュラルという教材なんです。

スピークナチュラルはしっかりと英会話表現が覚えられるということと
それを使うアウトプットトレーニングシステム化された教材です。

なので1日30分のトレーニングが推奨されています。

しかも「マネして声に出す」必要があるため、
楽な教材ではないかもしれません。

なのでどうしても楽をしたい方は購入をご遠慮下さい。

でもほんの少しでも時間が取れるなら、
スピークナチュラルを使ってみることをおすすめします。

スピークナチュラルの内容をちょっとだけ説明します。

スピークナチュラルはこの

徹底した会話型学習

に書かれている通り、日本語を活用して会話表現を覚えていきます。

CDには 日本語 → 英語 という順番で収録されています。

そしてさらに低速音声を聞いて真似するというトレーニングをします。

誰でも聞けるスローリスニング

世の中にはリスニングのスピードを速くした「高速音声」のCDが結構あるので、
この低速音声には不安を覚えるかもしれません。

でも私は、この低速音声こそが
スピークナチュラルの効果の秘密だと思っています。

そしてこの低速音声に関しては、
市販の「超低速発音メソッド 英語発音トレーニング」という教材に
興味深いことが書かれているのです。

この方法は著者が30年以上も前に、テレビでアメリカの或るピアノ講師のインタビューを見ていて思いついたことです。その先生は多くの優秀なピアニストを世に輩出しているという人でした。「そんなにもたくさんの素晴らしいピアニストを育てるには何か秘訣があるのでしょうか?」というインタビュアーの質問に対して、先生は異常なほど遅いテンポで実演しながら、「ピアノを教える際、私はここまでスピードを落とします。ここまでやれば、どんな人でも同じように弾けます」と述べていました。私はこのインタビューを30年間忘れることはありませんでした。

超低速発音メソッド 英語発音トレーニング P6~7 から抜粋

そしてさらに、

このスロースピードでじっくり練習していけば、読むスピードは自然と上がっていきます。しかも正確に。

超低速発音メソッド 英語発音トレーニング P6 から抜粋

と書かれています。

ちなみに著者の内海克泰さんはプロの通訳です。

このことからも、この低速音声が
かなり有効だということがわかると思います。

私もスピークナチュラルの音声を何度も聴いてみましたが、
確かにナチュラルスピードの音声よりもはるかに覚えやすいです。

ちなみに市販の「超低速発音メソッド」ですが、
発音だけならかなりおすすめの教材です。

それとスピークナチュラルは
「7語以下でカンタン! シンプルイングリッシュ」というのをウリにしていますが、

7語以下でカンタン! シンプルイングリッシュ

実はスピークナチュラルには、8語以上の会話表現も入っています(笑)。

まあもちろんほとんどが7語以内ですし、
8語以上でも簡単に覚えられますけどね。

あと1つ残念な点として、文法なんていらないって書かれていますけど

文法なんていらない

これはちょっと言い過ぎです。
正確には「難しい文法知識はいらない」と書くべきです。

さらにこの選ばれる理由っていうページについてもちょっと言っておきます。

選ばれる理由

このページの上の方に「イード・アワード」で
「留学経験者満足度第1位」「TOEIC800点以上取得者第2位」
って書かれてますけど(2014年2月の時点で)、

このイード・アワードの英語教材ランキングはたぶん参考になりません(笑)。

なぜならTOEIC800点以上取得者の第1位がス○ードラーニングだから。

イード・アワード2013 英語教材部門

スピー○ラーニングは英語ができる人ほど批判する教材です。

なのでTOEIC800点以上取得者の第1位がスピード○ーニングっていうのは、
私が保証しますけど、ありえません。

初心者の方が「知名度が高いから」という理由で投票するかもしれませんが。

さらにスピークナチュラルの選ばれる理由のページには
推薦者の声も書かれています。

この中に林剛司っていう人がいますが、
この方は「英語は「多読」中心でうまくいく!」という本を出版していて、
私も読みましたがすごく参考になりました。

 
それとスピークナチュラルの開発者は池田和弘という方です。

この方のことは公式サイトの「開発者の声」のページに載っていますし、
開発者の声

私も詳しく書いたのでぜひ読んで見て下さい。
スピークナチュラルの開発者「池田和弘」ってどんな人?

 
とまあこんなふうに、かなり簡単に説明しましたけども、
これがスピークナチュラルです。

さらに詳しい内容説明に関しては、
別のページに書いていますので、そこも参考にして下さい。

スピークナチュラルの内容とCDの構成
市販の教材にはスピークナチュラルのような日→英のものは無いの?
スピークナチュラルは初心者でも短期間で英会話を習得できるの?
スピークナチュラルでTOEICや英検の対策はできる?中学生にも使える?

それと購入を迷っている方や、買ったけどうまくトレーニングできるか不安な方。
遠慮無く私にメールして下さい。

このサイトのお問い合わせフォームから、私にメールをすることができます。

お問い合わせ

 
もちろんスピークナチュラルは安い教材ではないので、
あなたが「買わない」という選択をしてもいいと思います。

その時は私のこのサイトの記事が、あなたのお役に立てるはずです。

ただしもしあなたが英会話学校に行こうとか、
オンライン英会話を考えている初心者の方なら、
ちょっと考え直して下さい。

そういうアウトプットのトレーニングをする前に、まず使える英文を身につけて、
発音を徹底的にトレーニングした方が、はるかに効率がいいのです。

しかも英会話学校って値段が高いですしね。

なのでまずはスピークナチュラルでトレーニングしてみませんか?

英語学習は、どんな方法でやって、
どんなレベルを目指すにしても、最低限の時間はかかります。

でもスピークナチュラルなら、
やっていくうちに少しずつしゃべれるようになって、
発音がキレイになって、やめられなくなるかもしれません。

そうなると英語はもう身に付いたも同然です。

もちろんその後もいろんな表現を覚えることは大事ですが、
ネイティブさんとの会話もできるようになりますし、
海外旅行でも困らなくなるでしょう。

スピークナチュラルはあなたを後悔させることはないはずです。

是非検討してみて下さい。

 

※池田和弘先生が、スピークナチュラルと違うコンセプトの教材を開発しました。
英会話教材リッスントーク~スピークナチュラルとの違いとは?~

 

公式サイトはこちら

私も購入済みです。

※こんな感じで届きます。
真ん中の画像は大きさがわかりやすいように、私のメガネケースを置いてみました。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ