スピークナチュラルの内容とCDの構成

スピークナチュラルの内容とCDの構成です。

まずCDは全部で14枚、それにテキストが1冊です。

で、トレーニング法なんですが、

  • インプット練習(マイクロ会話)
  • 瞬間通訳練習
  • 会話練習
  • パターン練習
  • 瞬間通訳テスト
  • バーチャル会話テスト

となっています。

マイクロ会話っていうのは、
Aさんが何か言ってBさんが答える、のような最低限の会話です。

では1つ1つ、詳しく見ていきましょう。

インプット練習(マイクロ会話)

まずインプット練習ですが、ここでスピークナチュラル最大の特徴である
スロースピードで収録されている部分があります。

このインプット練習の流れは、例えば、

週末は何をしていますか?

What do you do on weekends?

週末は何をしていますか?

What do you do on weekends?(←スロースピード)

What do you do on weekends?(←スロースピード)

What do you do on weekends?

ショッピングを楽しんでいます。

I enjoy shopping.

ショッピングを楽しんでいます。

I enjoy shopping.(←スロースピード)

I enjoy shopping.(←スロースピード)

I enjoy shopping.

というふうになっています。

瞬間通訳練習と会話練習

次に「瞬間通訳練習」と「会話練習」です。

まず瞬間通訳練習は、
日本語 → ポーズ → 英語 の順で収録されていて、
会話練習は、英語 → ポーズ → 次の英語 のように、
英語だけの部分がポーズ入りで収録されています。

パターン演習

次にパターン演習です。

パターン演習には、

仕事の後は何をしていますか?

What do you do after work?

仕事の後は何をしていますか?

What do you do after work?

のように日本語と英語が2回ずつ収録されています。

特にスロースピードで録音されているわけではないですが、
インプット練習をしっかりした後ならまったく問題なく聞き取れると思います。

というかスピークナチュラルは「普通のスピード」もけっこう遅いですから。

ちなみにインプット練習で練習した全ての会話表現に、
パターン演習が付いているわけではありません。

パターン演習が全く無い英文もありますし、4つぐらいある英文もあります。

瞬間通訳テストとバーチャル会話テスト

最後に瞬間通訳テストとバーチャル会話テストです。

まず瞬間通訳テストは、日本語 → ポーズ → 英語 のように
瞬間通訳練習と同じように収録されていますが、

「順番がバラバラになっている」のと
「全ての英文が収録されているわけではない」という違いがあります。

なのでこのテストは「覚えるため」ではなく、
本当にただの「テスト用」だと割り切って下さい。

あまり使う機会は無いと思います。

バーチャル会話テストは
会話が成り立つように片方の英語のみ収録されていますが、

「長い会話」ができるように、
それぞれのマイクロ会話が「つながる形」で収録されています。

それほど多くの会話が収録されているわけではありませんが、
瞬間通訳テストよりも面白いと思います。

とまあ大雑把に説明しましたが、
これがスピークナチュラルの練習内容です。

ではCDの構成を見ていきましょう。

インプット練習用CD計6枚

 
disc-A

【話題A:初対面の会話】の
・インプット練習(マイクロ会話)
・瞬間通訳練習
・会話練習

が収録されています。

【初対面の会話】はマイクロ会話が43セットあります。

収録時間:71分35秒 (59track)


 
disc-B

【話題B:海外旅行(買い物)】の
・インプット練習(マイクロ会話)
・瞬間通訳練習
・会話練習

が収録されています。

【海外旅行(買い物)】はマイクロ会話が39セットあります。

収録時間:62分45秒 (55track)


 
disc-C

【話題C:海外旅行(食事)】の
・インプット練習(マイクロ会話)
・瞬間通訳練習
・会話練習

が収録されています。

【海外旅行(食事)】はマイクロ会話が41セットあります。

収録時間:65分04秒 (57track)


 
disc-D

【話題D:コントロール会話】の
・インプット練習(マイクロ会話)
・瞬間通訳練習
・会話練習

と【発音トレーニング】が収録されています。

【コントロール会話】はマイクロ会話が20セットあります。

収録時間:38分45秒 (73track)


 
disc-E

【話題E:食べ物について】の
・インプット練習(マイクロ会話)
・瞬間通訳練習
・会話練習

が収録されています。

【食べ物について】はマイクロ会話が44セットあります。

収録時間:74分41秒 (62track)


 
disc-F

【話題F:旅行について】の
・インプット練習(マイクロ会話)
・瞬間通訳練習
・会話練習

が収録されています。

【旅行について】はマイクロ会話が45セットあります。

収録時間:72分34秒 (63track)

パターン演習用CD計4枚

 
disc-P1

初対面の会話&コントロール会話(話題AとD)
のパターン演習が収録されています。

収録時間:51分57秒 (11track)


 
disc-P2

海外旅行:買い物&食事(話題BとC)
のパターン演習が収録されています。

収録時間:45分56秒 (16track)


 
disc-P3

食べ物について(話題E)
のパターン演習が収録されています。

収録時間:44分36秒 (9track)


 
disc-P4

旅行について(話題F)
のパターン演習が収録されています。

収録時間:41分50秒 (9track)

テスト用CD計4枚

 
1枚目

【話題A:初対面の会話】の

瞬間通訳テスト
バーチャル会話テスト

が収録されています。

収録時間:13分50秒 (18track)


 
2枚目

【話題B:海外旅行(買い物)】の

瞬間通訳テスト
バーチャル会話テスト

が収録されています。

収録時間:13分46秒 (18track)


 
3枚目

【話題C:海外旅行(食事)】の

瞬間通訳テスト
バーチャル会話テスト

が収録されています。

収録時間:13分43秒 (18track)


 
4枚目

【話題D:コントロール会話】の

瞬間通訳テスト
バーチャル会話テスト

が収録されています。

収録時間:7分03秒 (9track)


※話題EとFは瞬間通訳テストとバーチャル会話テストはありません。

 
以上がCDの構成になります。

私の個人的な意見としては、
テスト用CDは録音時間が短すぎると思いました。

これだったら4枚に分割せずに1枚でよかったんじゃないかと。

でもまあ一番大事なのはインプット練習ですし、
関連表現であるパターン演習もたっぷりとできますしね。

ちなみにインプット練習用のCD6枚で、
合計収録時間が420分24秒(7時間24秒)

パターン演習用のCD4枚で、
合計収録時間が184分19秒(3時間4分19秒)

この10枚の合計で、604分43秒(10時間4分43秒)となっています。

それぞれのCDで、ただ聞くだけではなくしっかりと声に出すようにすれば、
そして何度か繰り返せば、とんでもなく濃ゆいトレーニングができるはずです。

トレーニングの進め方に関しては、

↑こういうスケジュール&チェックシートが用意されていて、

↑こういうふうに記入例もあるので、
特に問題なく進めることができるはずです。

このスケジュール&チェックシートは
もちろん全てのトレーニング分用意されているので、

コピーをする必要はありません。

スピークナチュラルの公式サイトはこちら

※2016年6月3日追記

色々な事情があり、スピークナチュラルは私が購入した時と内容が変わっているそうです。

池田和弘先生も関わっていないそうなので、現時点ではリッスントークをおすすめします。

英会話教材リッスントーク~スピークナチュラルとの違いとは?~



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ