市販の教材にはスピークナチュラルのような日→英のものは無いの?

スピークナチュラルは基本的に、
日本語 → 英語 の順で収録されています。

この語順で収録されている教材は少ないので、
この「日本語 → 英語 の順で収録されている」
という部分がクローズアップされがちです。

※2016年6月3日追記

色々な事情があり、スピークナチュラルは私が購入した時と内容が変わっているそうです。

池田和弘先生も関わっていないそうなので、現時点ではリッスントークをおすすめします。

英会話教材リッスントーク~スピークナチュラルとの違いとは?~

でももしあなたが「日本語 → 英語 の順で収録されているから」
という理由でスピークナチュラルを購入するなら、
もしかしたら「買って損した」と思ってしまうかもしれません。

なぜなら市販の教材でも
日本語 → 英語 で収録されているものがあるからです。

例えば、このサイトでも紹介している
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のシリーズです。

この教材のCDは 日本語 → ポーズ → 英語 の順で収録されています。
英語がちょっと速いので、初心者向きではないかもしれませんが。

それとあと、「起きてから寝るまで英語表現」のシリーズ。

このシリーズも日本語 → 英語 の順で収録されています。

あと確か雑誌のようなサイズの本で、海外旅行で使う英語を
日本語 → 英語 の順で収録した本もあったような気がします。

このように、日本語→英語の順で収録されている教材なら、
市販の教材にもあるわけです。

なので「その語順がいいから」という理由だけでは、
スピークナチュラルはおすすめしません。

ただし私は英会話教材としてスピークナチュラルはおすすめしています。

それはやっぱりスピークナチュラルにしか無いトレーニングがあって、
それが本当に効果的だからです。

そのスピークナチュラルにしか無いトレーニングっていうのが
スローリスニングです。

スピークナチュラルはスローリスニングで徹底的にトレーニングをします。

これがナチュラルスピードでは、
初心者には難しい「発音」や「イントネーション」も、
かなり習得しやすくしてくれるのです。

もちろん記憶効率も上がります。

しかもスピークナチュラルは
機材を使って英語音声をスローにしたわけではありません。

「ゆっくりと読み上げてくれる」のです。
まるで赤ちゃんに話すかのように。

なので1つ1つの単語がしっかりと聞き取れますし、
日本語が先に流れるので意味も理解できるのです。

こういう部分はナチュラルスピードだと、
初心者の方は曖昧なままにしてしまいがちですが。

そして単語1つ1つが聞き取れる状態にしておくと、
多少速い英語でも聞き取れるようになってきます。

しかも英文を覚えやすいように「システム化」されていて、
パターン演習もあるので、
しっかり練習すれば「話せる」のが実感できるでしょう。

というわけで、私は初心者の方には
スピークナチュラルを本当におすすめしているのです。

 
実はスロースピードに関しては、もっと深い理由があります。

「超低速メソッド英語発音トレーニング」という本の
「はじめに」にこう書かれています。

logoslow

そしてさらに、

logoslow2

とも。

「超低速メソッド英語発音トレーニング」も
スロースピードで練習する教材です。

残念ながら発音だけですが。

でもスロースピードにこのような効果があること自体、驚きですよね。

スピークナチュラルの公式サイトはこちら

※2016年6月3日追記

色々な事情があり、スピークナチュラルは私が購入した時と内容が変わっているそうです。

池田和弘先生も関わっていないそうなので、現時点ではリッスントークをおすすめします。

英会話教材リッスントーク~スピークナチュラルとの違いとは?~



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ