TOEICのリスニングが聞き取れない場合、スーパーエルマーで改善できます

初心者の方の中には、
TOEICのリスニングが全く聞き取れない・ついていけない
という方もいると思います。

リスニングが聞き取れないのは、大きく分けると原因は2つあります。

それぞれを見ていきながら、
スーパーエルマーでどのように改善できるのかをご紹介しましょう。

英文の意味がわかならい

まず原因の1つめは、「英文の意味がわからない」です。

例えばリスニングで理解できない英文を実際に読んでみた時に、
読んでも理解できない、という状態です。

これは「リスニングがわからない」っていうよりも、
「英語がわからない」と言った方が正しいかもしれません。

 
この場合の改善策は読んで理解できる英文を増やすということです。

基本的に私達ノンネイティヴ(その言語が母国語ではない人)は、
読んでわからない文章は聞いてもわからないからです。

で、具体的にどんなトレーニングをすればいいのかというと、
英文を 日本語 → 英語 の順で読んでいって下さい。

これでその英文は理解できたはずです。

もしこれでも英文が理解できないのなら、
その英文はあなたにとってレベルが高すぎるんです。

それと 日本語 → 英語 の順で読んだ時に、
必ず英文を頭の中で音読するようにして下さい。

 
それから理解できた英文の音声を聞きます。

英文の音声を流しながら、その英文を目で追って下さい。

これは「音と文字を一致させる」という作業になります。

これをしっかりとやると、
「意味が理解できる文字」と「音」が一致することになるので、
当然その音の意味が理解できるようになるんです。

音 = 文字 = 意味

という関係が、頭の中にできるからですね。

それでこういうデータベースをどんどん増やしていけば、
リスニングは必ずできるようになります。

 
で、スーパーエルマーを使ってこの状態をどのように改善するか、ですが、

スーパーエルマーなら普通に
「音声を英文を見ながら聞いたり、SIM音読をしたり」
ということで自動的に改善されてしまいます。

しかもHOPの音声だと理解度がやっぱり深いんです。

センスグループごとに 英語 → 日本語 の順で、
何度も何度も意味と音を叩き込むことによって、
リスニングもリーディングもできるようになりますし、

英語を英語の語順で理解する「ネイティヴの思考法」もできるようになります。

 
さて、これで一応リスニング力改善の基本的なことは終わりましたが、
上の方で「大きく分けると原因は2つあります」って書いてしまったので(*´∀`*)、
もう1つの大きな原因も書いておきます。

読めば理解できるけど、聞いたら理解できない

原因の2つめは、リスニングで理解できない英文を実際に読んでみた時に、
読んだら理解できる、という状態です。

つまり「読めば理解できるけど、聞いたら理解できない」ということです。

これはただ単に音を文字を一致させるだけでかなり改善できます。
1つめの原因のところで紹介しましたね。

この2つめの原因の場合は、すぐに改善することができるはずです。

 
リスニングが聞き取れない原因は、本当はリエゾンとかも絡んでくるのですが、
大きく分けてこの2つです。

リエゾンとは?

リエゾンはスーパーエルマーの「音節リズムの法則」と似たようなものですし、
音に慣れることがまず第一ですからね。

 
以上がTOEICのリスニングが聞き取れない場合の改善法になります。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ