スーパーエルマーとスピードラーニングはここが違う!

スーパーエルマーとスピードラーニングは似ています。

どっちの教材も英→日の順に音声が流れてきます。

しかし違いもありますし、
実際に身につく英語力は天と地ほどの差があるので注意して下さい。

まずわかりやすい違いといえば、
スーパーエルマーの素材は生のニュースで、
スピードラーニングの素材は会話だということです。

そして決定的な違いは、
スーパーエルマーはセンスグループ(スラッシュ)ごとに英→日なのに対し、
スピードラーニングはセンテンス(文章)ごとに英→日だということです。

つまりスピードラーニングは、語順の問題を解決していません。

これが最大の違いだと思います。

別の言い方をすると、

スーパーエルマーは本当の英語力をつけたい人向きで、
スピードラーニングは会話を丸暗記したい人向けです。

なので私はスーパーエルマーの方がはるかにおすすめです。

そもそも、聞き流すだけで英語がしゃべれるようになるっていうのはありえませんし。

ただしスピードラーニングを使えば、英語に慣れることはできるでしょう。
でもそれだけです。

 
ではなぜ、某プロゴルフ選手や芸能人が、
スピードラーニングを絶賛しているのだと思いますか?

それはたぶん彼らが、スピードラーニングしか使ったことがないからです。

まあ忙しい方達ですから、当然ですよね。

本気でやるならスーパーエルマーがおすすめです。

 
ちなみに
スピードラーニングは英語の初心者用で、スーパーエルマーは中級者用だ。
なので最初はスピードラーニングを使って英語に慣れ、
それからスーパーエルマーなどの本格的な教材を使えばいい。

という意見もあるかもしれませんが、私としては
英語に慣れるだけだったら市販の英語教材で十分だと思います。

もったいないですよ、お金が(*´∀`*)

Q.「学習効果が上がる教材かどうか」の見分け方は?
↑クリックするとスーパーエルマーの公式サイトに移動します。



もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、「はてなブックマーク」や「フェイスブック」などで
他の人にも教えてあげて下さい。よろしくお願いします。
「TOEIC初心者だけど英会話もできるようになりたい人の勉強法」のトップページへ