今回はTOEIC対策の本をご紹介します。

有名な本なので、知っている人も多いと思いますが、今回ご紹介するのは「新TOEIC TEST 全力特急 絶対ハイスコア」です。

この本は最近のTOEIC対策で有名な濱崎潤之輔先生が書いたもので、問題を作ったのは韓国のキム・デギュン先生です。

今現在のスコアが600ぐらいの人がハイスコアを狙うためのポイントに絞られています。

なので、part3.4.7に力を入れています。

私はこういう問題の解き方を解説している本を初めて買いました。

どうせ英語力とは関係無いテクニックばかりが書いてるんだろう、と思っていたからです。

でもこの本は違います。

part5.7の対策の部分できちんと英文を読むことから逃げないということを強調されています。

part5に関しては「品詞問題」でも「文脈依存型問題」でも、全文を読むようにと書いていますね。

私もそれには大賛成です。

ちなみにpart3.4は、どうやって先読みするか、ということに焦点が当てられています。

で、この本の一番大きな特徴は、リーディング問題を解く時に、どの部分をどういう順番で読めばいいのかが書いてあるということです。

例えば、

①→     →②

②→     →③

③→     →④

のように設問と問題文に番号が書かれているので、番号の順に追っていけば、自然に問題が解けるようになっています。

これは初心者の方にはかなりわかりやすいですね。

でも別に変な解き方ではなく、ちゃんとしっかりと全文を読んでいく解き方です。

なのでどんなふうに目を動かしていけばいいのかわからないという初心者の方には、心強い指針になると思います。

この順番の通りに読む練習をすれば、part7は解き方のリズムが勝手に身につくはずです。

あと序章の「学習計画を立てる」というページで、1回分の模試を2週間でやる場合どのように分割すればいいか、っていう部分がとても参考になりました。

800点突破用に、1週間で分割したバージョンも書いています。

全体的に見て、この本はTOEIC対策本としてはかなりおすすめです。

著者の濱崎先生の本気が伝わってくる本です。

この人は読者にマジで高得点を取らせる気なんだ、っていうのが伝わってきます。

本の最後に載っている「クォーター模試」を何度も繰り返して、解答のリズムを体に叩き込んでおけば、その後の学習の効率も上がるでしょう。

ちなみにネット上でpart5の問題が400問も無料提供されていますが、この問題はこの「全力特急 絶対ハイスコア」で使われたpart5~7の問題を切り取って作ったものだそうです。

しかも同じ英文がいっぱい出てきます。

ですがpart5の出題ポイントとはズレていないので、これが無料っていうのはすごいと思います。

>>Amazonでレビューを見てみる<<

 
TOEICから解放されたい方はこの動画講義と無料の公式問題で