DUOの単語・熟語が、どのくらいTOEIC頻出単語をカバーしてるのかを調べてみました。

TOEICの単語集は「出る単特急 金のフレーズ」を使いました。

 
金のフレーズは、

・600点レベルが400語
・730点レベルが300語
・860点レベルが200語
・990点レベルが100語

 

というふうに、ほとんどのレベルに必要な単語を網羅しています。

 
最初はキクタンで調べようと思ったんですが、キクタンだと600点レベルで約1000語、800点レベルでも約1000語、というように単語数が多いのです。

つまり金のフレーズの方が「絞っている」ので、「超出る」のだと思います(たぶん)。

 
>>Amazonで金のフレーズのレビューを見てみる
>>楽天で金のフレーズのレビューを見てみる

 
で、この「超出る」単語達が、DUOにどれくらい載っているのかを調べてみることにしました。

具体的には
600点、730点、860点、990点のそれぞれで50語ずつ抜き出し、DUOの索引に載っているかどうかを調べました。

その結果を報告します。

 
あ、その前にDUOの「見出し語」と「派生語・関連語」と「同意語・反意語」について説明しておきます。

 
まず「見出し語」っていうのは、あの560本の例文に実際に使われている単語・熟語のことで、全部で2569語あります。

 
「派生語・関連語」っていうのは、例えば見出し語が neighbor だったら、neighborhood みたいな、

品詞が違うだけなので、見出し語を覚えていれば意味を推測出来そうなやつです。

もちろん品詞の違い以外も含まれますが、見出し語を覚えればなんとかなりそうです。

「派生語・関連語」は全部で2214語、「見出し語」を含めると4783語です。

 
「同意語・反意語」っていうのは、意味は同意と反意ですが、見出し語と形が違うやつです。

例えば respect の同意語に admire があります。

 
私としては「見出し語」は当たり前として、「派生語・関連語」に載っている単語は、「DUOに載っている単語だ」と言ってもいいと思っています。

 
では調査結果です。

ただしこれが絶対に正しいわけではないので、あくまでも「大体の目安」にして下さい。

金のフレーズ600点レベルの50語のうち、DUOの

「見出し語」に載ってるのが30語
「派生語・関連語」に載ってるのが8語
「同意語・反意語」に載ってるのが4語
載ってないのが8語

でした。

つまりDUOは、金のフレーズ600点レベルの単語を、見出し語だけで約60%カバー、派生語・関連語を含めると約76%カバーしています。

 

金のフレーズ730点レベルの50語のうち、DUOの

「見出し語」に載ってるのが28語
「派生語・関連語」に載ってるのが11語
「同意語・反意語」に載ってるのが4語
載ってないのが7語

でした。

つまりDUOは、金のフレーズ730点レベルの単語を、見出し語だけで約56%カバー、派生語・関連語を含めると約78%カバーしています。

 

金のフレーズ860点レベルの50語のうち、DUOの

「見出し語」に載ってるのが17語
「派生語・関連語」に載ってるのが14語
「同意語・反意語」に載ってるのが8語
載ってないのが11語

でした。

つまりDUOは、金のフレーズ860点レベルの単語を、見出し語だけで約34%カバー、派生語・関連語を含めると約62%カバーしています。

 

金のフレーズ990点レベルの50語のうち、DUOの

「見出し語」に載ってるのが2語
「派生語・関連語」に載ってるのが10語
「同意語・反意語」に載ってるのが14語
載ってないのが24語

でした。

つまりDUOは、金のフレーズ990点レベルの単語を、見出し語だけで約4%カバー、派生語・関連語を含めると約24%カバーしています。

 

 
で、次に金のフレーズの88ページからの「part1重要語」と、246ページからの「定型表現」も調べてみました。

金のフレーズにはそれぞれ100語ずつ載っています。

こちらも50語抜き出して調べました。

金のフレーズ「part1重要語」の50語のうち、DUOの

「見出し語」に載ってるのが24語
「派生語・関連語」に載ってるのが3語
「同意語・反意語」に載ってるのが11語
載ってないのが12語

でした。

つまりDUOは、金のフレーズの「part1重要語」を、見出し語だけで約48%カバー、派生語・関連語を含めると約54%カバーしています。

 

金のフレーズ「定型表現」の50語のうち、DUOの

「見出し語」に載ってるのが21語
「派生語・関連語」に載ってるのが4語
「同意語・反意語」に載ってるのが2語
載ってないのが23語

でした。

つまりDUOは、金のフレーズの「定型表現」を、見出し語だけで約42%カバー、派生語・関連語を含めると約50%カバーしています。

 

※ただし「定型表現」は、customer service hotline(顧客サービス用専用回路)のようなものは避けています。

 
どうでしょうか?

私は、DUOって意外とTOEIC頻出語をカバーしてるな、と思いました。

やっぱり600~730点レベルまでが一番多いですね。

860点レベルに関しても、意外と多いと思います。

990点レベルは、まあこれは仕方がないですよ(*´∀`*)

「part1重要語」や「定型表現」も、半分近くはカバーしていますね。

 
結論として、いろいろ計算をしてわかったことを書いていきます。

金のフレーズの約550~600語が、
DUOの「見出し語」でカバーできます。

金のフレーズの約750~800語が、
DUOの「見出し語」と「派生語・関連語」でカバーできます。

 

 
逆の視点だと、

DUOの見出し語2569語のうち、
約550~600語がTOEICに「超出る」単語・熟語です。

「派生語・関連語」を含た4783語のうち、
約750~800語がTOEICに「超出る」単語・熟語です。

DUOの見出し語2569語のうち、
約1969~2019語がTOEICに「超出るわけではない・出ない」単語・熟語です。

「派生語・関連語」を含た4783語のうち、
約3983~4033語がTOEICに「超出るわけではない・出ない」単語・熟語です。

 

今回のこの調査は、絶対に正しいというわけではないので、あくまでも「大体の目安」にして下さい(*´∀`*)