TOEICのおすすめ教材をご紹介します。

TOEICのPART7、つまり長文対策の教材なのですが、
TOEICを受けない方でも役に立つはずです。

ビジネス系のメールや広告、
またはビジネスと関係無いですけど

英語で書かれた雑誌の記事などを
読めるようになりたい方には特におすすめです。

 
今回紹介するのは
「新TOEIC TEST 読解特急」シリーズ。

このシリーズは、
TOEIC対策の教材として有名な
「特急シリーズ」の読解に特化した教材です。

5冊出版されていて、
著者は神崎正哉先生とTEX加藤先生、
それにネイティブのDaniel Warriner(ダニエル・ワーリナ)先生です。

 
それぞれ
[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]
・1駅1題 新TOEIC TEST読解特急
・新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編
・新TOEIC TEST 読解特急3 上級編
・新TOEIC TEST 読解特急4ビジネス文書編
・新TOEIC TEST 読解特急5 ダブルパッセージ編
[/colored_bg]
で、

5冊とも朝日新聞出版のサイトから
音声をダウンロードできます。

朝日新聞出版のサイト

 
ちなみに私は1冊目と3冊目(上級編)と5冊目(ダブルパッセージ編)
しか持っていないので、主にその3冊をご紹介します。

 

1駅1題 新TOEIC TEST読解特急

>> 楽天 でこの教材のレビューを見てみる<<
>> Amazon でこの教材のレビューを見てみる<<

 
まず「1駅1題 新TOEIC TEST読解特急」ですが、
この教材は2部構成になっていて、

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]
第1部は設問が3問のシングルパッセージが16セット、
[/colored_bg]

(シングルパッセージというのは、長文が1つだけの、
いわゆる普通の長文問題です)

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]
第2部は本番のTOEICと同じように、
設問2問のシングルパッセージが3セット
設問3問のシングルパッセージが3セット
設問4問のシングルパッセージが2セット
設問5問のシングルパッセージが1セット
設問5問のダブルパッセージが4セット
[/colored_bg]

というふうになっています。

(ダブルパッセージというのは、
関連した長文が2つ出題される長文問題です。
2つを理解しないと解けない問題もあります)

言い換えるとPART7の模試1回分に、
練習用としてシングルパッセージが
16セット付いてる
っていう感じですかね。

他の読解特急シリーズと比べて、
音声のスピードがちょっと遅い気がします。

まあ他には、特に言うことは無いです(笑)。

ただ、第1部は初心者の方にはかなり使いやすいと思います。

 

新TOEIC TEST 読解特急3 上級編

>> 楽天 でこの教材のレビューを見てみる<<
>> Amazon でこの教材のレビューを見てみる<<

 
次に「新TOEIC TEST 読解特急3 上級編」ですが、
私はこれと5冊目の「ダブルパッセージ編」はかなりおすすめです。

まずこの「上級編」からご紹介しますが、
この上級編の英文はTOEICよりも難しいです。

これはTOEICよりも難しい英文を読むことで
「高地トレーニング」をするのが目的で、
意図的にメールや広告ではなく「記事」を使っているそうです。

TOEICには出ないような内容がほとんどですが、
やっぱり興味深くて面白いものが多いです。

 
例えば、
[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]
・スリランカ 観光旅行の楽しいホットスポット
・地球最後の大陸への旅
・ニューヨーク風ピザ対シカゴ風ピザ
・ハリウッドの簡潔な歴史
[/colored_bg]
など。

TOEICには出ませんが、結構興味深いと思います。

TOEIC特有のPART7の英文は面白くないですからね。

TOEICを受ける予定が無くても、こういう英文を
読みこなせるようになりたい方にもおすすめです。

 
1つの記事の長さが350words程度で、
これが20記事あるので7,000wordsです。

このくらいの量があれば、薄~い洋書並だと思います。

ハリーポッターの1巻が77,618wordsなので。

 

読解特急 5 ダブルパッセージ編

>> 楽天 でこの教材のレビューを見てみる<<
>> Amazon でこの教材のレビューを見てみる<<

 
最後が「読解特急 5 ダブルパッセージ編」です。

私は個人的に、これが一番おすすめです。

ダブルパッセージの問題が20セット、
つまり長文が40個収録されているんですが、
1つ1つの長文が長いです。

しかもそれぞれ語数も載っていて、
例えば1つ目の問題(Question1~5)は

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]
・1つ目の長文が194words
・2つ目の長文が176words
・合計370words
[/colored_bg]

というふうに、しっかりと表示されています。

さらに、長文のwords数は「短い順」になっていて、
例えば最後の問題(Question96~100)は

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]
・1つ目の長文が218words
・2つ目の長文が255words
・合計473words
[/colored_bg]

です。

 
こんなに徹底的にダブルパッセージを読める教材は、
あまり無いと思います。

 
ダブルパッセージの内容は

[colored_bg color=”light‐red” corner=”r”]
・苦情の手紙とお詫び
・セミナーの案内と申し込み
・製品広告と使用者の感想
[/colored_bg]

とかなので、TOEICを受けない人でも
普通に役に立つと思います。

 

読解特急2 スピード強化編とか使い方とか

 
それと私は持ってないんですが、
Amazonでは「読解特急2 スピード強化編」が
かなり評判がいいみたいです。

私が見たときはAmazonの
TOEIC(リーディング)のランキングで1位でした。

>> Amazon でTOEIC(リーディング)のランキングを見てみる<<

でもこのランキング、1時間ごとに更新されるみたいで、
しばらくしたら2位になってました…。

 
 
こういう教材の勉強法ですが、とりあえず
1冊をすらすら読めるようにして下さい。

特に初心者の方は。

1冊をすらすら読めるようになったら
教材を増やしてもいいと思います。

そして「すらすら読める長文を増やす」
という感じでトレーニングして下さい。

すると、初めて見る長文でも
かなり読めるようになっているはずです。

 
TOEICから解放されたい方はこの動画講義と無料の公式問題で